【saki】またショッピングモールでオナニーしました。

こんにちは、sakiです。

今日はこの前頂いた課題を実行してきました。
遅くなってごめんなさい。

【課題】
ツイートのRT数の2桁目の回数、別の場所でオナニーしてイクこと 
RTが20を超えたら、おしがまオナニーをすること



RTは14だったので、オナニーは1回 場所も1か所
おしがまは無しになりました。

なんかちょっと残念がっている自分がいて、恥ずかしくなりました。

学校が夏休みに入ったので、以前に課題オナニーで行ったショッピングモールに行きました。

またバスで移動したんですが、夏休みに入ったので私より年下の子がたくさんいて、
今からショッピングモールでオナニーするってことがバレたら、
逃げられないバスの中で、すごく変態な子と思われる…と恥ずかしくなっていました。

ショッピングモールに着いて、どこでオナニーするかを考えました。

最初は大きめのフードコートに行きました。
ジュースを買って、席に座って、周りをきょろきょろしました。

かなり人が多くて、こんなところでスカートに手を入れて、オナニーなんてしたら
絶対にバレちゃう、と思いました。

でも、座ったまま、机の下でスカートをゆっくりたくし上げました。
スカートがだんだん上がってきて、膝、太ももまで見えるくらいになりました。

しゃがんで前から見たら、パンツも見えているくらいまでしたんですが、
勇気がなくて手をいれることはできませんでした。

ただ、そのまま10秒くらい手を止めて、すごくHなことをしている自分にドキドキしていました。

ジュースを飲み終わって、フードコートから出ました。

近くのトイレに入って、アソコを確認すると、じわっと湿っていました。
さっきの大勢の人の前で露出っぽいことをしたのが、興奮しちゃったみたいです。

そのまま、クリを触りました。
トイレには誰もいませんでしたので、少しピチャピチャと音を立てながら、しました。

アソコに指をあてると、愛液が糸を引くくらい濡れていました。



そのまま指を入れて、何度も出し入れしました。
足がガクガクとなって、背中がピンッとなって、
アソコに入れた指を少し曲げながら、一番気持ちのいいところを刺激しました。

「んんっ」という声が出てしまい、その瞬間にイッちゃいました…

パンツを履いたままだったので、内側がビショビショでした。
そのままパンツを脱いで、カバンに入れてノーパンでトイレを出ました。



帰りのバスもノーパンで、もしバレちゃったら…
オナニーしたばかりなので、変なにおいとかしてないかな…と不安になっていました。

家に帰って、思いだしながらまたオナニーをしました。

これから夏休みなので、またいろいろとやってみたいです。

【他の体験談を読む】

【りなこ】いつもの森林公園で・・・

今日の土曜日にまたいつもの森林公園に行ってきました・・・

また、行きたくてたまらなくなってる私です。
ますます変態になって行くような気がします・・

先週と同じように家から首輪はしましたが、下着は着けてお出かけしました・・・

この森林公園は、私の家から車で40分ぐらいのところにあります。

今日はワンピースを着て来ましたが前ボタンではなくて背中ファスナーを着ました。
脱ぐのにちょっと手間取った方がハラハラドキドキするかなって私なりに思ったものですから・・・

車の中から様子を見ましたが、誰も居ないようでしたので車から降りて少し散歩しました。

だんだんと胸の高鳴りが大きくなり、変態な自分が現れてきました。

そしていつもレスをくれる人の事を思い浮かべながら
その人が私の前に居るのを想像しながら裸になりました・・・
背中のファスナーを下ろしワンピースを脱ぎました

そして、ブラを外しました
そして、ショーツを脱ぎました・・

その人にされてるのを想像しながらおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりしました
だんだんと気持ちよくなり私は立っていられなくなりそこに横になってオナニーを続けました

その男性にされてるのを想像しながらおまんこの中に指を入れて
あぁ~あぁ~と言いながらオナニーをしました・・

すごく気持ち良くて、すごく気持ち良くて
なんか身体がふわぁ~ってなって熱くなって

その人のことをあなたって、あなたわたしを抱いてって
私の中に入って来てって

わたしはあなたのものよって
もっと強く、もっと強く
あぁ~気持ちいい、
イクゥ・・・イクゥ
呼びながら逝きました・・・

なんか最近の私はすごく淫乱になってしまいました・・
と言うよりもともと淫乱だったのかも

いままでそれを隠していたのかも・・・

【他の体験談を読む】

【ほのか】高校でみんなの性処理担当になったきっかけ


戦乱プリンセスG

学校には私以外男子しかいないのでやはりドキドキしたりすることばかりで
ムラムラしてしまうことがかなりあります。
ある日、みんなが帰ったあと教室で 1人でしていました。
もし誰かが来たら、、など考えるとどんどん濡れてきて
家でやる時の何倍も気持ちよかったです。結構声が出てしまって
「あっ、いっちゃう…あっ♡」と いってしまいました。

次の日、帰りに忘れ物をして取りに行ったら
クラスのみんなが集まっていました
「どうしたの?」
ときくと
「ねえ、昨日教室で オナニーしてたでしょ、」
と言われました。

証拠のビデオまで撮られていて黙っていると、
「なあ、今ここでしてほしいねんけど、いい?」
と言われ、私ももう我慢の限界で恥じらいながらもやることにしました。

見られているのに加え、みんなも抜いていて かなり興奮してしまい
「あぁ、はぁっ、んっ♡」
と、ずっと声が出ていました。
男子も
「〇〇可愛いくせにめっちゃエロいやん」
「どうしよ、可愛すぎ、無理」
とたくさんあおってくるので
「も、私無理っ、いくっ♡」
そういって、初めて潮をふきながらいってしまいました。

そして、口やら胸やらでみんなの精液をうけました。

それ以降色んなことをしています。
また投稿したいと思います。

【他の体験談を読む】

【あい】はじめてローターを買って、外で使いました。


戦乱プリンセスG

こんにちは、あいです。

この間、ドン・キホーテに行って、リモコン付きのローターを買ってきました。
電車で数駅離れたお店で、知り合いがいないのを確認して買いました。

私の前に2人ほどお客さんが並んでいて、アダルトコーナーから出てきた私は、恥ずかしくてずっとうつむいていました。

やっと変えて、バッグの中に入れてまた電車で自宅のある駅まで戻りました。

どんな感じなんだろう、そう気になった私は、この前オナニーをした公園に立ち寄りました。

公園のトイレに入って、ローターを箱から出しました。

パンツもセットになっていて、パンツはアソコのところにポケットがついています。
そういうプレイ用に使えるようになっているやつです。

私はまず、自分のパンツをの上から、アソコを触りました。
いつもするようにオナニーをしていました。



これまでは公園で外でのオナニーだったので、あまり緊張することなくできました。
が、あくまで外のトイレオナニーなので声は我慢しました。
外もまだ明るい時間で誰が入ってくるかわかりません。
徐々にドキドキしてきて、あそこも濡れていきました。

十分濡れた後、ローターを動かしました。
ブゥンと音がして、ピンクのローターが振動しました。

ゆっくりとパンツごしにクリに当てました。
最初はくすぐったかったんですが、振動させながらクリをこするように動かすと、とても気持ちよくて、一瞬声が出てしまいました。

そのまま、クリだけでイッてしまいました。



リモコンにはローターを強くするボタンがあって、一回イッたあとにパンツを脱いで、強くしてもう一度あてました。
さっきと全然ちがう気持ちよさが襲ってきました。

びしょびしょのアソコに、ローターを入れるとするすると入っていきました。
中でかなり強く振動しています。

このまま外に出ようかな、と思ったんですが振動が強すぎて歩くことができませんでした。
立ち上がった瞬間に膝がガクガクなってしまいました。

そのまま座って、何もしていないのにもう一度イッちゃいました。



危険なおもちゃを買ってしまった…と思っています。

【他の体験談を読む】

【saki】コンビニのトイレでオナニーしました。



sakiです。

前回のノーパンノーブラで外出したときの続きです。
<前回の報告を読む>

コンビニのトイレに入った私は、Hな気分を我慢できなくなりました。



ゆっくりとあそこをなでると、あそこから溢れた液が指にびっしょりとつきました。
そのまま指をあてて、上下に動かしました。
あそこ、クリを刺激するように動かしていると、足がビクビクとなってしまいます。

トイレは2室あって、両方とも男女共用です。
男の人も使うところで、下着もつけずにオナニーをしていると思うと、さらにHな気分が強くなっていきました。

そのまま指をあそこに入れて動かしました。
出したり入れたりするたびに背中がビクビクして、たまに大きな音を立ててしまいました。

声が出ないように気を付けていたんですが、トイレの個室に私の息遣いが響いていました。



そのとき、トイレの外からガチャッと音がしました。
誰かがトイレのドアを引っ張ったみたいです。
私はびっくりして、アソコから指を離しました。

ドア一枚の向こうに、誰かがいる、そう思うとドキドキもありましたが、怖さが強かったです。
もし声が聴かれていて、店員さんかお客さんが気づいていたら、
もし今外に出たら、何て言われるのか、そう思うと怖くなって何もできませんでした。



ドアの外の人はそのままもう一つのトイレに入っていったみたいです。
私は一安心しましたが、隣のトイレに人がいる、と思うとさっきの怖さもあってオナニーを続けられませんでした。

急いで個室から出て、コンビニからも出ました。
若干早歩きで、でもスカートがめくれちゃうと、びしょびしょになっているアソコまで見られちゃう、そう思って歩きました。

家について、すぐに部屋でオナニーの続きをしました。
イク前に寸止めされたみたいになっていた私の体はすぐにイッちゃいました。

そのまま3回イクまでオナニーを続けました。

怖かったですが、また味わってみたい、なんて考えています。

【他の体験談を読む】



【saki】ノーパンノーブラで出かけたら友達に会いました



sakiです。

このお休みに、ノーパンノーブラでお出かけしてきました。

どんな服を着ていくか迷ったんですが、少し短めのスカートと黒いTシャツを着ました。
家を出る前に鏡の前に立って、少ししゃがむと完全にアソコが見えてしまいました。



これをもし外で見られちゃったら…そう考えながら出かけました。

最初は家の周りを少し歩いて、だんだんと気持ちが大きくなっていきました。

コンビニに行こうと歩いていると、横を車が通るたびにスカートがめくれるような気がしました。
もし強い風が吹いたら、簡単にあそこもおしりも見えてしまいます。
ちょっとスカートをおさえながら歩きました。

途中、車も人もいないときにスカートの中にこっそり手を入れました。
太ももがちょっと汗ばんでいて、あそこのあたりが熱くなっていました。
われめに指を入れちゃったら絶対濡れている、と思いました。

そのままコンビニに入り、飲み物を買いました。
コンビニで本のコーナーでしゃがんだら、外から見えちゃうのかな、と思いながらドキドキしていました。



買い物を終えて、家に向かっていると、前から友達が来るのに気が付きました。

向こうもこっちに気づいているみたいです。
今引き返したら変な感じだし、もしスカートがめくれちゃったら、私がしていることがバレちゃう、と思いました。

友達に話しかけられました。
私は平静を装いながら内心ではすごくドキドキしていました。

下着を着けずに、外に出ている。
ブラだけならなんとかごまかせるかもしれませんが、パンツは絶対に無理です。
こんな明るい時間に、こんなことをして気持ちよくなっていることが学校に広まっちゃったら…そう考えながら夢中で友達と会話を続けました。

そのまま10分くらい会話を続けて、別れました。
喉がカラカラになっていて、心臓はずっとバクバクいっている気がしました。

友達が見えなくなるのを待って、コンビニにもどってトイレを借りました。
スカートの中を見ると、やっぱり濡れちゃっていました。



友達と話しながら感じて濡れちゃうなんて…
自分がどこまでもHになっていく気がしました。

【他の体験談を読む】



【りなこ】森林公園で…



昨日の土曜日に前に行った森林公園に行きました。
今回は、家を出る時からノーパン、ノーブラでお出かけしました。

でも、何があるかわからないので

下着はバックに入れて
それと、ご指示のあった首輪をして出かけました・・・
服は、前ボタンのミニのワンピースを着ました。

公園に着き、人目の付かないところに車を止めました。
もう私の胸は、ドキドキで頭は半分真っ白で・・・
車から降りて散歩しました・・・

触らなくても私のあそこが濡れてるのがわかりました・・・

私は本当に根っからの変態なのですね・・・

幸い人影もなくて大丈夫そうでしたので
ワンピースのボタンを外しました・・・
すごく開放感を感じ幸せな気持ちになりました・・

そして木にもたれてオナニーをしました・・
それがすごく気持ち良くて、気持ち良くて・・・
私は、少し声を出してしまいました・・・
いやらしい声を出しながら指を動かしてしまいました・・

写真を撮るご指示がありましたが
一度気持ちよくなると途中で止める事も出来ずに
最後まであそこを触り続けました・・・

結局写真は、オナニーが終わってから撮りました・・

まだ余韻が残ってましたので
なんか私は大胆になってしまいまして・・・
ワンピースを全部脱ぎ、首輪だけで公園を散歩しました・・

もしも誰かに見られてたらたぶんそのままその人のものになってたかもしれないぐらい私は興奮してました・・・
なんかますます、変態になっていくような予感がしてきました

でも誰も居ない山の中での裸になってのオナニーはすごく気持ちよく、私を虜にしてしまいました・・・

【他の体験談を読む】



【saki】おもらししながら、友達に電話しました その2



その1を読む

もう力を抜いたら、いつでもおしっこが溢れそうでした。

ハッと思い出して、靴を脱ぎました。このままだと靴がおしっこで汚れてしまうからです。

あまり舗装されてないアスファルトなので足が痛かったです。靴下は脱いで帰ろうと決めて、履いたままにしました。

携帯をだして、誰に電話をかけようか考えました。あまり家が近くない、クラスの女の子にしました。ドキドキを押さえながら電話をかけました。

何回かのコールのあと、友達が出ました。その瞬間、何故か安心したのか、チョロチョロとおしっこが漏れ始めました。

周りを確認する余裕もなかったので、できる限りうつむいて周りを気にしないようにしました。電話の向こうからは友達が「どうしたの?」と聞いてきます。

私は必死に言葉を探して、普通に用事があったふりをしました。チョロチョロ出ていたおしっこは勢いを増し、太もも、膝、足を伝って地面で音を立てました。その音が電話越しに聞こえるんじゃないか、と不安になりながら、夢中で無理やり会話を続けました。

朝から我慢していたおしっこはなかなか止まってくれず、地面に大きな水たまりを作っていきます。うつむいてそれを眺めながら友達と話をしているなんて、自分がしているとは思えませんでした。

ようやくおしっこが止まってくれたとき、近くから自転車の音がしました。どんどん近づいている気がして、逃げようと思ったんですが靴は脱いだままだし、電話も繋がっているので動けませんでした。

こっちに来ないで!と祈りながら、なるべく顔が見えないようにしました。友達との電話は必死に終わらせようとしました。

結局自転車は別の道に入ったみたいです。私は少し安心して、電話も終わらせました。

落ち着いて足元を見ると、履いているパンツも、足も、靴下もびしょびしょでした。カバンから袋とタオルを出して、靴下を脱いで入れました。足をよく拭いて、悩んだあとパンツはその場で脱いで、靴下と一緒に袋に入れました。



【saki】おもらししながら、友達に電話しました その1



こんにちは、sakiです。

今日実行した課題について報告します。
課題はTwitterで、アンケート形式でいただきました。

【課題】
学校の帰り道、制服を着たままおもらしをしながら友達に電話をする

学校がお昼で終わりだったんですが、朝から、学校が終わったあと、こんな恥ずかしいことをするのか、と考えると余計にHな気分になりました。

そのまま一時間くらい校舎で時間を潰していたんですが、課題のことを考えて朝からトイレに行っていなかったので、もうおしっこをしたい気持ちが押し寄せてきました。

我慢しなきゃ、と意識するとますますトイレに行きたくなっていって、もじもじしていました。

一時間くらい待って、学校を出ました。
当然ですがまだ明るくて、こんな時間に帰り道でおもらししてる所を知り合いに見られたら、と思いながら歩きました。

学校から離れて、住宅街に入りました。公園やバス停がいくつかあります。どこでしよう、と考えながら、おもらしをしたあと、早く帰れるようにもう少し家に近づいたところにしようと決めました。

家に近づくにつれて、どんどんドキドキが大きくなっていきます。速く歩きたいのですが、おしっこを我慢しているのでぎこちない歩き方になっていました。

家が近くになって、人通りの少ない場所を探しました。かなり小さい公園があるんですが、小学生が何人かいたので諦めました。

結局、昼間の明るい時間では隠れられるようなところが見つからず、車が通らない細い道を選びました。人が横に三人並ぶといっぱいになりそうな幅なので、もしおもらししているときに誰かが通りかかったら絶対にバレてしまいます。

でも、大きな通りからは見えないし、すぐ近くに家もないのでそこしかありませんでした。

そこについた頃には、もうおしっこは限界にきていまきた。私はなるべく道の端っこに立って、心を鎮めようとしました。

その2を読む

【他の体験談を読む】



【ユミ】プールの更衣室でオナニーしました その3



その2を読む

その人は着替えた後、更衣室横の鏡の前で髪を乾かしていました。

ちょっと距離は離れていますが、さっきみたいに声を出したら絶対に聞かれてしまいます。
でもドライヤーの音がしている今だったら、と思い、その人から見えないようにアソコに指をあてました。

びっくりするぐらい濡れていました。

スカートを少し持ち上げると、膝の上あたりまでかなりの量の愛液が垂れていました。

指をアソコにあてると、さっきよりもスルスルと指が入っていきました。

ずっと焦らされていた私の体はもう我慢の限界に来ていました。
そのまま指を出し入れしながら、またロッカーに体を預け、さらにオナニーを続けました。

声は我慢していましたが、相当Hな表情になっていたと思います。

体が上下に動き、後ろからみてもオナニーをしているとすぐにわかってしまったかもしれません。

まだドライヤーの音は続いていました。
私は指の動きを早くし、そのままイッてしまいました。

イクときに少し声が出てしまったような気がします。

恐る恐る女性のほうを見ましたが、気づいていないようでした。
ひょっとしたら気づかれているかもしれない、そう思うと怖かったですが、イッた解放感であまり気になりませんでした。

気持ちが高揚していたのか、そのまま制服を脱ぎ裸になった私はまだ女性がいる鏡のほうへ歩いていきました。

裸を鏡に映しました。
さっきまで指を入れていたアソコに目が行きました。

ヒクヒクしているように見えました。少なくともいつもよりはっきり形がわかるように膨らんでいた気がします。

鏡越しに女性のほうをみると、鏡の中の女性と目が合いました。
なぜ裸を体に映しているのか、そんな顔をしているように見えました。
私は恥ずかしくなり、ロッカーのほうに急いで戻りました。

そのままプールには入らず、更衣室を出てオジサンにカギをわたし、プールの建物を出ました。

外の風がノーパンのアソコにあたる感覚が気持ちよかったです。
そのまま自転車に乗って帰りました。

あの女性とまたどこかで会ったら、もしバレていたら、今でもそんなふうに考えます。

でも、またやってみたいです。

【他の体験談を読む】