【saki】コンビニのトイレでオナニーしました。



sakiです。

前回のノーパンノーブラで外出したときの続きです。
<前回の報告を読む>

コンビニのトイレに入った私は、Hな気分を我慢できなくなりました。



ゆっくりとあそこをなでると、あそこから溢れた液が指にびっしょりとつきました。
そのまま指をあてて、上下に動かしました。
あそこ、クリを刺激するように動かしていると、足がビクビクとなってしまいます。

トイレは2室あって、両方とも男女共用です。
男の人も使うところで、下着もつけずにオナニーをしていると思うと、さらにHな気分が強くなっていきました。

そのまま指をあそこに入れて動かしました。
出したり入れたりするたびに背中がビクビクして、たまに大きな音を立ててしまいました。

声が出ないように気を付けていたんですが、トイレの個室に私の息遣いが響いていました。



そのとき、トイレの外からガチャッと音がしました。
誰かがトイレのドアを引っ張ったみたいです。
私はびっくりして、アソコから指を離しました。

ドア一枚の向こうに、誰かがいる、そう思うとドキドキもありましたが、怖さが強かったです。
もし声が聴かれていて、店員さんかお客さんが気づいていたら、
もし今外に出たら、何て言われるのか、そう思うと怖くなって何もできませんでした。



ドアの外の人はそのままもう一つのトイレに入っていったみたいです。
私は一安心しましたが、隣のトイレに人がいる、と思うとさっきの怖さもあってオナニーを続けられませんでした。

急いで個室から出て、コンビニからも出ました。
若干早歩きで、でもスカートがめくれちゃうと、びしょびしょになっているアソコまで見られちゃう、そう思って歩きました。

家について、すぐに部屋でオナニーの続きをしました。
イク前に寸止めされたみたいになっていた私の体はすぐにイッちゃいました。

そのまま3回イクまでオナニーを続けました。

怖かったですが、また味わってみたい、なんて考えています。

【他の体験談を読む】



【ユミ】プールの更衣室でオナニーしました その3



その2を読む

その人は着替えた後、更衣室横の鏡の前で髪を乾かしていました。

ちょっと距離は離れていますが、さっきみたいに声を出したら絶対に聞かれてしまいます。
でもドライヤーの音がしている今だったら、と思い、その人から見えないようにアソコに指をあてました。

びっくりするぐらい濡れていました。

スカートを少し持ち上げると、膝の上あたりまでかなりの量の愛液が垂れていました。

指をアソコにあてると、さっきよりもスルスルと指が入っていきました。

ずっと焦らされていた私の体はもう我慢の限界に来ていました。
そのまま指を出し入れしながら、またロッカーに体を預け、さらにオナニーを続けました。

声は我慢していましたが、相当Hな表情になっていたと思います。

体が上下に動き、後ろからみてもオナニーをしているとすぐにわかってしまったかもしれません。

まだドライヤーの音は続いていました。
私は指の動きを早くし、そのままイッてしまいました。

イクときに少し声が出てしまったような気がします。

恐る恐る女性のほうを見ましたが、気づいていないようでした。
ひょっとしたら気づかれているかもしれない、そう思うと怖かったですが、イッた解放感であまり気になりませんでした。

気持ちが高揚していたのか、そのまま制服を脱ぎ裸になった私はまだ女性がいる鏡のほうへ歩いていきました。

裸を鏡に映しました。
さっきまで指を入れていたアソコに目が行きました。

ヒクヒクしているように見えました。少なくともいつもよりはっきり形がわかるように膨らんでいた気がします。

鏡越しに女性のほうをみると、鏡の中の女性と目が合いました。
なぜ裸を体に映しているのか、そんな顔をしているように見えました。
私は恥ずかしくなり、ロッカーのほうに急いで戻りました。

そのままプールには入らず、更衣室を出てオジサンにカギをわたし、プールの建物を出ました。

外の風がノーパンのアソコにあたる感覚が気持ちよかったです。
そのまま自転車に乗って帰りました。

あの女性とまたどこかで会ったら、もしバレていたら、今でもそんなふうに考えます。

でも、またやってみたいです。

【他の体験談を読む】



【ユミ】プールの更衣室でオナニーしました その2



その1を読む

一度高い声が出てしまい、自分で驚いて指を止めました。
誰も入ってくる気配はありません。
でも、プール側から誰かが戻ってきたら、私のHな声が聴かれてしまったら、
制服を着たままなのでバレてしまいます。
それ以上に知り合いの人だったら、、、

そう考えるとますます興奮してしまって、もっと強くクリトリスを刺激しました。

足が震えだしてロッカーに深く体を預けました。
そのまま触っていてもすぐイッてしまったと思いますが、
アソコに指を入れました。

愛液がかなり出ていて、膝を伝わってこぼれそうでした。
その愛液をすくいとるように指でなぞり、そのままアソコに入れました。

スルスルと指が入っていき、自宅でするオナニーの何倍もの快感に襲われました。

指を入れたまま、もう一方の手でクリトリスをいじりました。

立ったまま、腰が浮くような感覚になり、もう少しでイキそうでした。

そんなとき、プールのほうから人の歩く音が聞こえてきました。

私はびっくりしてロッカーから離れ、壁のほうを向いてじっとしていました。

足音は途中で止まり、シャワーを浴びている音が聞こえました。
シャワーを浴び終わったらたぶん着替えに来ると思います。
私はヒクヒクするアソコを感じながら、恥ずかしさと早くイキたいという思いと戦っていました。

シャワーは長く、私はすごく焦らされている感覚でした。

シャワーが止まり、少し年配の方が私のロッカーのすぐ横に来ました。

会釈されましたが、ほとんど寸止め状態の私は反応することができませんでした。
愛液が膝まで垂れているのをそのとき思い出し、慌てて足を閉じました。
足を閉じるとヌルヌルになっているのが感覚で分かり、ますます恥ずかしくなりました。

その3を読む

【他の体験談を読む】



【ゆい】はじめて学校でオナニーしました

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

ゆいです。

前の投稿にたくさんコメントをいただけて嬉しかったです。ありがとうございます。

投稿された日は、みなさんの書いてくださった課題を想像しながらオナニーしちゃいました。公園とか駅でオナニーして、それが見つかっちゃって写真を撮られたり、それをバラすぞって脅されて色んな事させられたり、みたいな妄想をしました。

街中でオナニーとかおもらしをさせられたりする想像が好きです。

課題の中から何をやってみようか、と思ったんですが、学校のトイレでオナニーに挑戦することにしました。あまりすごくなくてゴメンなさい。このサイトに載ってる他の人たちみたいにもっとすごいことやってみたいって気持ちもあります。

昨日、学校でお昼休みにトイレに行ったときに実行しました。制服の上からおっぱいを揉んで、ボタンをはずして直接触りました。いつも普通におしっこしている、友達がたくさん外にいる学校のトイレでそんなことしているなんて、すごくいけないことしてるみたいな感じがしてどきどきしました。

しばらくそのままおっぱいを触っていて、パンツの中に手を入れたときにはもう濡れちゃっていました。トイレの外の廊下は昼休みで普通に騒いでいる友達の声が聞こえたりしていたので、ゆっくり声が出ないようにクリトリスを触りました。最初の数分くらいはよかったんですが、だんだん声が我慢できなくなっちゃって、「んぅ…」みたいな声が出ちゃって、すごく恥ずかしかったです。

このままイクまで触っちゃったら絶対声が出てバレちゃうと思ったので結局イケませんでした。

そんな感じで昼休みが終わっちゃったので午後の授業中ずっとムラムラしちゃってて、家に帰ってからすぐにオナニーしました。学校でしてた時のことを思い出しながらあそこを触っているとすぐにイッちゃって、すごく興奮しました。

次は学校でイケるように頑張りたいです。声が我慢できるコツ教えてください!

【他の体験談を読む】

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その2

中出しのサンプル動画が見放題!

その1を読む
さすがに触れなかったんですが、中の振動と妄想と、トイレオナニーを途中で止めていたので、頭の中はイキたいって思いでいっぱいでした。でも、なかなかイケなくて、足をもじもじさせたりしていました。

そのうちに電車が次の駅に着いてしまいました。今日はもう1駅と思っていると、急に名前を呼ばれました。びっくりしてドアの方を見ると大学の友達が乗ってきました。ローターをあそこに入れて電車に乗っているときに友達に会うなんて、最悪でした…。

バレたらどうしよう、と思いながらなるべく平然を装っていたんですが、頭の中はイキたいって思いでいっぱいだったので友達が何をしゃべっても頭に入ってきませんでした。元気がなくて疲れているふりをしたんですが、友達は横に立って普通に話をしてきます。

バレないように、感じないようにって思えば思うほど振動が強くなっていく気がして足が開きそうになるのを必死にこらえながら相槌以外あまり声を出さないように気を付けました。

ローターを止めようかとも思ったんですが、ポケットの中のスイッチを触るのもバレそうで怖くてできませんでした。友達が横にいるのにローターであそこをびしょびしょにしてるなんて本当に変態ですよね…。

その1駅の間は本当に何をしゃべったか、言われたのか覚えてなくて、次の駅に着いたらすぐに降りちゃいました。ホームに降りてしばらく階段を上れずに壁に手をついて気持ちを落ち着かせようとしました。

でも、さっきの恥ずかしさと開放感でどんどん感じて来ちゃって、そのままホームでイッちゃいました。イク瞬間、下半身がビクビクッてなって、周りにバレてないか心配になりました。そのまま誰とも目を合わさずに階段を上って、トイレに駆け込みました。

トイレの中で、ローターをアソコから出して、クリに当てながら指をあそこに入れて思いっきりオナニーしました。イクときは普通に声が出ちゃって、また恥ずかしくなったんですがどうしても我慢できなかったです。

帰りはびしょびしょになったショーツを脱いでノーパンで帰りました。

友達にバレちゃってたら、どんなこと言われるんだろう…って思うとまたムラムラしてきちゃって、家に着くころにはほんとうにあそこから出た液が太腿まで伝っていました。

バレそうな怖さってホントに気持ちよさと繋がってるんだなと思いました。

【他の体験談を読む】

英会話

【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その1

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

あきなです。こんばんは。

前回のローター電車オナニー以来、あの気持ちよさが忘れられず、また挑戦しちゃいました。

前回は1駅だったので今回は2駅にチャレンジしようと思って、家を出ました。今回はローターをカバンの中に入れて駅まで行きました。恰好は前回と同じTシャツと黒いスカートです。

駅について、トイレに入りました。個室がひとつ埋まっていたので、その人が出ていくまで大人しく過ごしました。その人が出ていく音がしてから、カバンからローターを出してアソコに当てました。外のトイレでオナニーすることが多くなってきたんですが、やっぱり恥ずかしさとバレるかもって怖さはなくなっていません。

声が出ないように我慢しながらクリにローターをあてました。ローターの振動音が響いている感じがして恥ずかしかったです。途中、足音がしたのでローターを止めました。アソコがひくひくしちゃって、我慢するのが大変でした。

また、その人が出ていくのを待って、今度はびしょびしょになるまでオナニーを続けました。一回イキたかったのですが、我慢してローターをあそこの中に入れて、個室から出ました。頭の中はオナニーとこれからすることでいっぱいになってかなりHな気分になっていました。

前と同じように、改札を通る瞬間からポケットの中のスイッチを入れました。声が出ないように我慢しながら歩きましたが、やっぱりぎこちない歩き方になっちゃいます。もし、私の報告を知っている人が見ていたら、今感じてるんだろうなって分かっちゃうと思います。

階段をおりてすぐ、電車が来ました。本当は端っこの車両に乗りたかったのですが、意を決して真ん中の車両に乗りました。平日の夜であまり人は乗っていなかったんですが、それでも前回より近い位置に人がいたので、恥ずかしさで立ったままうつむいていました。

電車が走りだして、車両が揺れる度に中が刺激されている感じがしました。アソコは触らなくても分かるくらいびしょびしょになっている気がしてショーツで吸いきれなかった液が垂れてきたらどうしようって思いながら必死に声を我慢しました。

もしアソコから液が垂れてきて、それがバレちゃったら…いつも妄想しているみたいに痴漢されて、中にローターが入ってるのがバレちゃったら…って思うとどんどん興奮しちゃいました。痴漢されても嫌って言えなくて、されるがままにされちゃう妄想をしているうちに、手が自然とアソコの方にのびちゃって、無意識にあそこを触ろうとしていることに気が付きました。

その2を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【saki】学校でオナニーしてたらバレそうになりました。その3

中出しのサンプル動画が見放題!

その2を読む
個室の中ではいつもするようにオナニーをしました。さっきまでイク寸前だったので、すぐに気持ちよくなりました。目を閉じて、さっき先生が来るのに気付かずに、先生が私に気付くタイミングでイッちゃってたら、イッてひくひくしているアソコをそのまま先生に見られちゃったら、って妄想しながら、クリをさわっているだけでイッちゃいました。

個室から出て、ショーツを履く前にまた鏡の前に立ってスカートを持ちあげました。イッたあとだったのでさっきよりも自分の顔がいやらしく見えちゃって、またドキドキしました。その場でショーツを履いてトイレから出ました。

コンビニに行こうと思って学校から出ようとしているときにさっき屋上手前でバレそうになった先生とまた鉢合わせしました。今度は「休みの日に何やってるの?部活?」って聞かれて、とっさに「勉強です」って答えました。恥ずかしくて全然目を合わせられなかったので、逆に怪しかったかもしれません。

自転車でコンビニに向かいました。家と反対の方向に向かって、あまり行かない場所まで行きました。

店内に入って店員さんに「トイレ借りていいですか?」って聞きました。男の店員さんで、今から自分がオナニーするためにトイレを借りるんだって思うと、ふつうにトイレを借りるよりもかなり恥ずかしくなっちゃっいました。

トイレは女性用と男女兼用があったので、女性用に入りました。ショーツを脱いで、あそこを確認しました。外側はあまり分からない感じでしたが、ゆびをちょっと入れてみるとまだ中は湿っていて、クリを触りながらアソコをいじっているとすぐにびしょびしょになっちゃいました。

さっきはクリだけでイッちゃったので、中に指を入れて出し入れしました。個室なので自分の息遣いとか若干漏れる声とかが響いちゃって「んっ、あっ」って声を出しちゃっていました。

そのまま指をグリグリと動かして一番感じちゃうところを攻めました。指でそこを押したりちょっと擦るように動かすだけで「あんっ」って声が出ちゃって必死に我慢しようとしました。でもどんどん気持ちよくなっちゃうし、声も我慢できなくなっていって、イクときにまた大きな声を出しちゃいました。

恥ずかしくてちょっとの間トイレから出られなくて、でもこのままいたら店員さん来ちゃうんじゃ…って思うとまた怖くなっておそるおそるトイレから出ました。店内に戻るとトイレの前の雑誌のコーナーに最初トイレを借りた時に話しかけた店員さんがいて、目があって会釈されました。

それも、バレててそんな感じなのかなぁって想像しちゃって急いでお店から出て自転車に乗りました。

学校、コンビニと連続でオナニーしてバレちゃいそうになってるのが恥ずかしくて、でも報告書きながら色んなバレたときの妄想とかしちゃってまたHな気分になっちゃいます。

【他の体験談を読む】

英会話

【saki】学校でオナニーしてたらバレそうになりました。その2

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

その1を読む
「んっ、んっ」と息が漏れちゃって、ショーツの横から指を入れてみるともう濡れちゃっていました。そのまま指で液をとって、クリに塗りました。直接クリを触って、もっと濡れてきちゃいました。

階段の下からは教室で騒いでいる3年生っぽい声が聞こえていて、私は声を我慢しないと同じように聞こえちゃうのかな、って思いながら感じていました。

下に誰もいないことを確認してショーツを脱ぎました。脱いだショーツは鞄の中に入れました。そのまま膝を立てて足をお尻の横に来るようにして、足がM字になるように開きました。ちょっと大きくなったクリに指を押し当てて、ゆっくり離しました。液がクリと指の間で糸をひくくらい濡れちゃっていました。

そのままクリを触って、だんだんとイキそうな感じになっていきました。息づかいも荒くなっていって、そろそろイケるかな?っていうときに階段のすぐ下で足音がしました。

屋上に出るところの階段には踊り場があって、上がる方向が途中で180度変わるので、ちょうど下の階から誰かが上がってくる音でした。私は慌ててスカートを下ろして、階段から立ち上がりました。階段の足音がどんどん近づいてきて、上がってきている人が見えました。3年生を担当している先生でした。男の先生です。

先生は2年生の私がいるとは思っていなかったみたいで、「そこで何しているの」と聞きました。不思議そうな顔をしていたのでたぶんバレてないと思います。私はあわてて電話してましたーって言いながら階段を降りていきました。あそこはまだびしょびしょで、ノーパンで、さっきまでイキそうだったので、男の先生の横を通る時はすごくビクビクしていました。

そのまま急いで自分の教室がある階まで降りました。クリオナで興奮してたのと、バレそうになったっていうドキドキで、早くイキたいって考えながらウロウロしていました。でも、どこに行ってもまた誰か来ちゃいそうだったので、トイレに行くことにしました。

トイレの前で鏡を見ながら、スカートをたくしあげてみました。今誰か入ってきたら完全な露出狂だってバレちゃいますよね。アソコの周りを指で撫でると、まだ濡れていました。その場でオナニーできるくらい濡れていたんですが、やっぱり怖くて個室に入りました。
その3を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【saki】学校でオナニーしてたらバレそうになりました。その1

戦乱プリンセスG

こんばんは、sakiです。

今日はお休みだったのでtwitterで指示をもらって、オナニーしてきました。

学校、コンビニでオナニーをしようと思いました。学校へ行くので、制服を着なければなりません。制服のままコンビニでもするのかと思うと出かける前からドキドキしていました。

お昼過ぎに自転車に乗って学校に向かいました。ちょっと風が強かったし、自転車なので下着はつけたんですが、twitterで「下着を食い込ませる」っていう指示があったので、なるべくショーツを食い込ませていました。風でめくれちゃったらほんとに大事なところしか隠せてないくらいの感じです。

しかも、ショーツがあそこにも食い込むので自転車を漕いだり信号で止まったりまた動き始めたりするたびにちょっとあそこが刺激されていました。

途中ちょっと路地裏に入って、ショーツが食い込んだあそこをサドルに擦りつけるように前後に動かしてみたんですが、「あ、コレちょっとヤバイな」という感じでした。さすがにお昼で完全に外だったのでそれ以上できませんでした。

学校につきました。部活動は午前中にやっているところが多いのであまり人がいない気配だったんですが、3年生が課外や自習で来ている人が多く、3年生の階はそこそこ人がいる感じでした。先輩や先生とすれ違いながら学校に入りました。何か聞かれたら自習で~と答えるつもりだったんですが、教科書とかは持っていっていませんでした。

校内をうろうろしながら場所を探していました。お昼なので明るくて、廊下は難しいかなぁと思いました。図書館も3年生が何人かいて、私が入るとかなり目立っちゃうので無理そうだなぁと思いました。

結局、前に一度オナニーした屋上手前の階段にしました。屋上の手前まで行って、鞄を置いて階段に座りました。足を開いてアソコを確認しました。ずっとショーツを食い込ませていたので、ちょっと跡ができていました。ショーツをめくってみると、あそこがじっとりと湿っていました。たぶんサドルでちょっと感じちゃったあたりで濡れちゃったんだと思います。

お尻の下にタオルを敷きました。足を開いて、スカートをたくし上げました。ショーツの上からクリを触りました。中指でこするように触っていると、気持ちよくなってきて、指が早く動くようになりました。ちょっと範囲を広げて、クリからアソコにかけてをゆっくりこすり始めました。
その2を読む

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その3


戦乱プリンセスG

その2を読む
妄想をしているうちに、ふと気づくと自分の息がかなり荒くなっていることに気付きました。「ハァ…ハァ…」とHな息が漏れていて、首筋もかなり汗ばんでいました。足も気づいたらかなり開いていて、スカートだったのでかなり恥ずかしい格好になっていたんじゃないかと思います。

さっきの男の人にバレてたら、と思ってその人の方をチラッと見ました。

その男の人はケータイを見ていて、全然こっちを見ていなかったんですが、その奥にいた若い女の人と目が合っちゃって…そのときにさらに恥ずかしさが襲ってきて、あそこがキュッとなって軽くイッちゃいました。

電車の中で、人に見られながらローターの振動でイッちゃった、そう思うと続けて快感が襲ってきて、またイキそうになりました。ぐっと下半身に力を入れて、なんとか我慢しました。たぶん続けてイッちゃってたら声にも表情にも出ちゃって絶対バレちゃうと思ったからです。

そのまま、振動を意識しながら次の駅まで耐えていました。恥ずかしさで人がいるほうが見れなくて、でもこっちをずっと見られているって感じがして、心臓をバクバクさせながら、あそこのなかで震えるローターの快感に溺れていました。

ようやく駅について車両から降りました。急いで、またトイレに向かいました。個室に入って気付いたんですが、愛液が太腿まで垂れちゃっていて、もうショーツで吸収できないくらいに濡れちゃっていました。

今度はローターを入れたまま、あそこの中に指を入れました。ローターを奥に奥に押して、気持ちいいトコロに当てました。弱い振動でもものすごく感じちゃって、すぐにイッちゃいました。

緊張と快感でヘトヘトになっちゃって、しばらく動けなかったです。肩で息をしながら、ヒクヒクするあそこを突き出した状態でトイレの個室に座っているのがすごく情けなかったです。

ショーツがびしょびしょすぎてもう履けなかったので、ローターもショーツも鞄に入れて、ノーパンでトイレから出ました。

反対側のホームに行って、電車に乗って帰りました。帰りは席に座ったんですが、鞄を膝の上においてノーパンがバレないようにしていました。

駅を出て、家に帰る途中は少し風が吹いていたので、あそこやお尻が見えないようにドキドキしながら帰りました。

ついにローターを使って電車の中でオナニーしちゃいました。これからの痴漢妄想がもっと強くなりそうです。

【他の体験談を読む】


ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売