【あい】はじめてローターを買って、外で使いました。


戦乱プリンセスG

こんにちは、あいです。

この間、ドン・キホーテに行って、リモコン付きのローターを買ってきました。
電車で数駅離れたお店で、知り合いがいないのを確認して買いました。

私の前に2人ほどお客さんが並んでいて、アダルトコーナーから出てきた私は、恥ずかしくてずっとうつむいていました。

やっと変えて、バッグの中に入れてまた電車で自宅のある駅まで戻りました。

どんな感じなんだろう、そう気になった私は、この前オナニーをした公園に立ち寄りました。

公園のトイレに入って、ローターを箱から出しました。

パンツもセットになっていて、パンツはアソコのところにポケットがついています。
そういうプレイ用に使えるようになっているやつです。

私はまず、自分のパンツをの上から、アソコを触りました。
いつもするようにオナニーをしていました。



これまでは公園で外でのオナニーだったので、あまり緊張することなくできました。
が、あくまで外のトイレオナニーなので声は我慢しました。
外もまだ明るい時間で誰が入ってくるかわかりません。
徐々にドキドキしてきて、あそこも濡れていきました。

十分濡れた後、ローターを動かしました。
ブゥンと音がして、ピンクのローターが振動しました。

ゆっくりとパンツごしにクリに当てました。
最初はくすぐったかったんですが、振動させながらクリをこするように動かすと、とても気持ちよくて、一瞬声が出てしまいました。

そのまま、クリだけでイッてしまいました。



リモコンにはローターを強くするボタンがあって、一回イッたあとにパンツを脱いで、強くしてもう一度あてました。
さっきと全然ちがう気持ちよさが襲ってきました。

びしょびしょのアソコに、ローターを入れるとするすると入っていきました。
中でかなり強く振動しています。

このまま外に出ようかな、と思ったんですが振動が強すぎて歩くことができませんでした。
立ち上がった瞬間に膝がガクガクなってしまいました。

そのまま座って、何もしていないのにもう一度イッちゃいました。



危険なおもちゃを買ってしまった…と思っています。

【他の体験談を読む】

【ひとみ】ノーパンノーブラでファミレスで働かされています。

ヴァージンツィート ダウンロード販売

はじめまして、ひとみです。

普段はファミレスで働いているのですが、職場の上司に調教されています。

その上司とは普通にお付き合いをしているのですが、かなりSな人で、私をいじめるのが大好きなんです。
Hをするときは私にオナニーをさせたり、卑猥な言葉を言わせようとしたり、入れられているときに電話をかけさせられたりしています。

職場のファミレスでは、下着をとられて、ノーパンノーブラで働かされることが多いです。
出勤して、更衣室で制服に着替えるんですが、そのときに下着を脱いで、ポケットに入れて渡すように言われます。
仕事が終わるまで下着を取られているので途中で着ることができません。
濡れやすいので、はじめてやったときは愛液が膝まで垂れて来ちゃったこともありました。
付き合ってる人の命令で無理矢理させられている、と思っていたんですが、自分でも望んでいたのかもしれません。

ドキドキしちゃって、仕事中にトイレでさわっちゃうこともあります。
そんなときはイクたびに報告をさせられています。今までで1日4回、仕事中にイッちゃったことがあります。

一度、仕事中にローターを入れさせられたことがあったんですが、私が感じすぎちゃって他の職場の人とかお客さんにバレちゃうってことでやめました。
ローターを動かされなくても、アソコの中に入ってる感覚だけで動けなくなっちゃって、動こうとすると声が出ちゃうくらいでした。

Hのときにおもちゃを使われることもあるんですが、クリにあてられるだけですぐにイッちゃうくらい感じていしまいます。

下着を取られて働いているときは、
料理を運んだり、レジを打っているときに、自分が下着をつけていないことがバレちゃったら、
と特に男性のお客さんの時はすごくドキドキしています。

でも、そのドキドキでまた濡れちゃったり気持ちよくなっている自分はMなんだなって思いながら、その命令を断れずにいます。友達や周りの人にはこんな告白できないので、ぜひ聞いてほしくて投稿しました。

【他の体験談を読む】

【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その2

中出しのサンプル動画が見放題!

その1を読む
さすがに触れなかったんですが、中の振動と妄想と、トイレオナニーを途中で止めていたので、頭の中はイキたいって思いでいっぱいでした。でも、なかなかイケなくて、足をもじもじさせたりしていました。

そのうちに電車が次の駅に着いてしまいました。今日はもう1駅と思っていると、急に名前を呼ばれました。びっくりしてドアの方を見ると大学の友達が乗ってきました。ローターをあそこに入れて電車に乗っているときに友達に会うなんて、最悪でした…。

バレたらどうしよう、と思いながらなるべく平然を装っていたんですが、頭の中はイキたいって思いでいっぱいだったので友達が何をしゃべっても頭に入ってきませんでした。元気がなくて疲れているふりをしたんですが、友達は横に立って普通に話をしてきます。

バレないように、感じないようにって思えば思うほど振動が強くなっていく気がして足が開きそうになるのを必死にこらえながら相槌以外あまり声を出さないように気を付けました。

ローターを止めようかとも思ったんですが、ポケットの中のスイッチを触るのもバレそうで怖くてできませんでした。友達が横にいるのにローターであそこをびしょびしょにしてるなんて本当に変態ですよね…。

その1駅の間は本当に何をしゃべったか、言われたのか覚えてなくて、次の駅に着いたらすぐに降りちゃいました。ホームに降りてしばらく階段を上れずに壁に手をついて気持ちを落ち着かせようとしました。

でも、さっきの恥ずかしさと開放感でどんどん感じて来ちゃって、そのままホームでイッちゃいました。イク瞬間、下半身がビクビクッてなって、周りにバレてないか心配になりました。そのまま誰とも目を合わさずに階段を上って、トイレに駆け込みました。

トイレの中で、ローターをアソコから出して、クリに当てながら指をあそこに入れて思いっきりオナニーしました。イクときは普通に声が出ちゃって、また恥ずかしくなったんですがどうしても我慢できなかったです。

帰りはびしょびしょになったショーツを脱いでノーパンで帰りました。

友達にバレちゃってたら、どんなこと言われるんだろう…って思うとまたムラムラしてきちゃって、家に着くころにはほんとうにあそこから出た液が太腿まで伝っていました。

バレそうな怖さってホントに気持ちよさと繋がってるんだなと思いました。

【他の体験談を読む】

英会話

【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その1

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

あきなです。こんばんは。

前回のローター電車オナニー以来、あの気持ちよさが忘れられず、また挑戦しちゃいました。

前回は1駅だったので今回は2駅にチャレンジしようと思って、家を出ました。今回はローターをカバンの中に入れて駅まで行きました。恰好は前回と同じTシャツと黒いスカートです。

駅について、トイレに入りました。個室がひとつ埋まっていたので、その人が出ていくまで大人しく過ごしました。その人が出ていく音がしてから、カバンからローターを出してアソコに当てました。外のトイレでオナニーすることが多くなってきたんですが、やっぱり恥ずかしさとバレるかもって怖さはなくなっていません。

声が出ないように我慢しながらクリにローターをあてました。ローターの振動音が響いている感じがして恥ずかしかったです。途中、足音がしたのでローターを止めました。アソコがひくひくしちゃって、我慢するのが大変でした。

また、その人が出ていくのを待って、今度はびしょびしょになるまでオナニーを続けました。一回イキたかったのですが、我慢してローターをあそこの中に入れて、個室から出ました。頭の中はオナニーとこれからすることでいっぱいになってかなりHな気分になっていました。

前と同じように、改札を通る瞬間からポケットの中のスイッチを入れました。声が出ないように我慢しながら歩きましたが、やっぱりぎこちない歩き方になっちゃいます。もし、私の報告を知っている人が見ていたら、今感じてるんだろうなって分かっちゃうと思います。

階段をおりてすぐ、電車が来ました。本当は端っこの車両に乗りたかったのですが、意を決して真ん中の車両に乗りました。平日の夜であまり人は乗っていなかったんですが、それでも前回より近い位置に人がいたので、恥ずかしさで立ったままうつむいていました。

電車が走りだして、車両が揺れる度に中が刺激されている感じがしました。アソコは触らなくても分かるくらいびしょびしょになっている気がしてショーツで吸いきれなかった液が垂れてきたらどうしようって思いながら必死に声を我慢しました。

もしアソコから液が垂れてきて、それがバレちゃったら…いつも妄想しているみたいに痴漢されて、中にローターが入ってるのがバレちゃったら…って思うとどんどん興奮しちゃいました。痴漢されても嫌って言えなくて、されるがままにされちゃう妄想をしているうちに、手が自然とアソコの方にのびちゃって、無意識にあそこを触ろうとしていることに気が付きました。

その2を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その3


戦乱プリンセスG

その2を読む
妄想をしているうちに、ふと気づくと自分の息がかなり荒くなっていることに気付きました。「ハァ…ハァ…」とHな息が漏れていて、首筋もかなり汗ばんでいました。足も気づいたらかなり開いていて、スカートだったのでかなり恥ずかしい格好になっていたんじゃないかと思います。

さっきの男の人にバレてたら、と思ってその人の方をチラッと見ました。

その男の人はケータイを見ていて、全然こっちを見ていなかったんですが、その奥にいた若い女の人と目が合っちゃって…そのときにさらに恥ずかしさが襲ってきて、あそこがキュッとなって軽くイッちゃいました。

電車の中で、人に見られながらローターの振動でイッちゃった、そう思うと続けて快感が襲ってきて、またイキそうになりました。ぐっと下半身に力を入れて、なんとか我慢しました。たぶん続けてイッちゃってたら声にも表情にも出ちゃって絶対バレちゃうと思ったからです。

そのまま、振動を意識しながら次の駅まで耐えていました。恥ずかしさで人がいるほうが見れなくて、でもこっちをずっと見られているって感じがして、心臓をバクバクさせながら、あそこのなかで震えるローターの快感に溺れていました。

ようやく駅について車両から降りました。急いで、またトイレに向かいました。個室に入って気付いたんですが、愛液が太腿まで垂れちゃっていて、もうショーツで吸収できないくらいに濡れちゃっていました。

今度はローターを入れたまま、あそこの中に指を入れました。ローターを奥に奥に押して、気持ちいいトコロに当てました。弱い振動でもものすごく感じちゃって、すぐにイッちゃいました。

緊張と快感でヘトヘトになっちゃって、しばらく動けなかったです。肩で息をしながら、ヒクヒクするあそこを突き出した状態でトイレの個室に座っているのがすごく情けなかったです。

ショーツがびしょびしょすぎてもう履けなかったので、ローターもショーツも鞄に入れて、ノーパンでトイレから出ました。

反対側のホームに行って、電車に乗って帰りました。帰りは席に座ったんですが、鞄を膝の上においてノーパンがバレないようにしていました。

駅を出て、家に帰る途中は少し風が吹いていたので、あそこやお尻が見えないようにドキドキしながら帰りました。

ついにローターを使って電車の中でオナニーしちゃいました。これからの痴漢妄想がもっと強くなりそうです。

【他の体験談を読む】


ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その2

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

その1を読む
トイレについて、個室に入りました。

スカートをたくしあげて、ショーツを確認しました。もうびしょびしょに濡れちゃっていました。振動が弱くてもこんなに濡れちゃうくらい興奮していたんだと分かりました。

ローターをアソコから取り出しました。そのままクリに当てると、ビリビリッとくるような快感が背中の辺りを走りました。「はんっ」って声が出ちゃって、慌てて口を押えました。たぶん誰もいなかったと思いますが、逆に静かだったので男子トイレまで聞こえちゃってたらどうしよう、なんて考えました。

そのままローターをクリに当て続けてイッちゃいました。心の中で、「わたしは地下鉄の駅のトイレで、ローターをクリにあてながらイッちゃう変態です」って呟きながらイキました。すごく恥ずかしかったし、今この報告書を書いていてもめちゃくちゃ恥ずかしいです。

一度身体を落ち着けて、またローターをあそこに入れました。トイレから出て、ホームに戻ってからスイッチを入れました。さっきより気持ちは少し楽になっていましたが、快感は強くなったような気がしました。

あと少しで電車が着く、っていう頃にスーツを着た男の人が近くに歩いてきました。もしバレてたら、声をかけられたらどうしようって思いながら、顔を俯けていました。ドロドロに濡れちゃってるあそこから液が垂れてきたらどうしようとか、もし痴漢されちゃって、中にローターいれてるのがバレたら、なんて妄想をしているうちに電車がホームに入ってきました。

ドアが開いて、すぐに車両の隅に立ちました。座っちゃうとびしょびしょのショーツからスカートに染みちゃうと思ったからです。ドアが閉まって、さっきの男の人はちょっと離れた席に座りました。席がかなり空いていたので立ってる私の方が不自然だったかもしれません。

電車が発車しました。さっきのトイレやホームと違い、密室になっているのでバレたときに逃げる場所もないし、もし匂いとかでバレちゃうんじゃないか、と色々と考えちゃってどんどんHな思考回路になっていきました。

目を閉じて、電車の揺れを感じながらあそこに指を入れられている想像をしました。中に入っているローターがちょうどそんな振動だったので、いつもの妄想よりもかなりリアリティがありました。
その3を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その1

中出しのサンプル動画が見放題!

あきなです。こんばんは。

ちなつさんの投稿に影響を受けて、小さなローターを買っちゃいました。今まで使っていたのが少し大きくて、そのままだと人前にずっといるのが絶対に無理だったので買っちゃったんですが、よくよく考えるとこれって、ローターを入れて人前に出たいって願望があるってことですよね…

ローターが届いて数日間、実行するかどうかためらっていたんですが、意を決してやってみることにしました。

まずは家でローターを入れました。今までのより小さいので、すこしオナニーして濡らすとスルスルっと入っていっちゃいます。ショーツを履いて、黒いスカートをはきました。もし座って染みちゃっても気づかれにくいかな、と思ったので。

家を出て、駅に向かいました。電車、というか地下鉄なんですが、土曜日の夜だとあまり人が多くない路線です。上は白いTシャツです。さすがにノーブラだとバレちゃいそうなので、ブラはつけていきました。

今までのローターお散歩よりも小さいローターなので歩いているときの違和感は小さかったんですが、それでも何か入っているっていう感じはあって、さらにそんな状態で外を歩いているっていうドキドキは何回やっても慣れないものです。

駅について改札を通る瞬間から、と思ってポケットの中のスイッチを入れました。小さいローターなので振動を弱にするといつものローターよりもかなり弱い振動で震え始めました。それでも、スイッチを入れた瞬間は「はぁんっ」って小っちゃく声が出ちゃって、さらに歩き方がぎこちなくなっちゃいました。

手すりにつかまりながらゆっくりと階段を下りました。階段を降りる動きで、ローターが中のいろんなところにあたって、すごく気持ちよかったり逆にもどかしかったり、すごく焦らされている感じになっちゃいました。

階段を降り切るまでに電車が一度出発しちゃって、ホームでなるべく人のいないところまで歩きました。壁に寄りかかって、息を整えました。でも、整えようとすればするほど意識があそこにいっちゃって、中でブルブル震えているローターの振動、というよりもそれを入れてこんなところまで来ちゃってるってこと自体にすごく感じちゃっていました。

だんだんと、イキたいって気持ちが大きくなっていって、我慢できなくなりました。電車はあと少しで着くところだったんですが、一度トイレに行くことにしました。
その2を読む

英会話

【あきな】休日に大学でローターオナニーしました

戦乱プリンセスG

あきなです。

土曜日にレポート提出のため大学に行ってきました。休みの日といってもサークルの人たちや研究室に入っている先輩たちがいるので、普段より人が少ない程度です。でも、チャンスかなぁと思って一応ローターをカバンに入れて行きました。

講義棟や研究室棟など、建物がたくさんあってどこかでできないかなぁなんて考えながら歩いていました。考えていたせいか、ちょっとムラムラっとしてきちゃって、研究室棟のトイレに向かいました。

トイレに入って、上着を脱いでシャツのボタンとブラをはずして胸を出しました。他に誰もいないことをよく確認して、トイレの個室から出て姿見の前まで行きました。学校のトイレでおっぱい露出して、その姿を自分で鏡で見て、かなり興奮しちゃいました。

そのまま触ろうかと思ったんですが、廊下を歩く人の足音が聞こえて、いそいで個室に戻りました。幸い、トイレには入ってこなかったので、鞄からローターを取り出して乳首、クリ、あそこと順番にあてていきました。

すぐにびしょびしょになっちゃって、イキそうになったので一旦ローターを止めました。快感が背中の辺りに残ってるみたいな感じですごくもどかしかったんですが、ショーツの中にローターを入れ、クリにあたるように調整してデニムのパンツを履きなおしました。

もう一度、個室から出て鏡の前に立ちました。ローターを入れてることがバレないか、自分の姿を確認してトイレから出ました。外に出て、近くに誰もいないところまで行ってローターのスイッチをONにしました。最弱ではありますが、さっきイキそうだったのでスイッチを入れた瞬間に足がガクガクして倒れそうになっちゃいました。
ゆっくり深呼吸して、体勢を整えて、そのまま散歩しました。なるべく人が来ないところを通ったんですが、それでも何人か(全部男性)とすれ違っちゃって、今自分がローターをクリにあてながら散歩している変態ってバレたら…という妄想をしながらすれ違いました。

10分くらいは散歩できたんですが、「んっんっ」という声が我慢できなくなっていって、講義棟横の非常階段の陰に隠れてイッちゃいました。今考えると潮吹きとかおもらししなくて良かったです。帰れなくなっちゃいますから。

休みの日で、どういうルートなら人に見つからずに散歩できるのか考えるのが癖になっちゃいそうです。

【他の体験談を読む】

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ノーパン+ローター+公園散歩 その3

AV女優イベント(あやみ旬果)

その2を読む

じわじわとイキそうな気分が強くなっていったので、いったんローターを止めました。フゥフゥと息を整えて、ゆっくりと立ち上がりました。ローターのコードでスカートがすこしめくれちゃっていて、そっち側から見るとスリットが入ってるみたいに膝の付け根まで見えていました。

立ち上がるとローターが落ちそうな感じがしましたが、中でしっかりと押さえられているのかローターが抜ける感じはしませんでした。ただ、あそこはびしょびしょに濡れていたので、あそこから出た液が伝って落ちて来そうな感じはしていました。

ゆっくりと歩きだし、ベンチから数メートル離れました。そして、立ったままローターのスイッチを入れました。さっきよりも強い振動がなかをいじっている感じになりました。やっぱり立ったままローターを動かすと、中に指を入れられているみたいな感覚になります。普段、痴漢妄想でオナニーをすることが多いので、その感覚がよりリアルに感じられて、びっくりするぐらい興奮しちゃうんだと思います。

またイキそうな感覚が襲ってきたので、ローターをオフにしました。ハァハァと肩で息をするようになって、歩けるようになるまでにさっきよりも長い時間がかかりました。2度も寸止めをしているので、もうすぐにでもイケる状態でした。

もう少しベンチから離れて、小さい公園の中央ぐらいまで来ました。そこでもう一度ローターのスイッチを入れました。上体をかがめて、快感に前進をゆだねました。気持ちよさが足元から背中を通って全身にまわっていく感覚がしたので、ローターのスイッチを強にしました。「あぁっ」という声が出ちゃって、そのままイッちゃいました。イクのと同時にびしゃびしゃと潮を吹いちゃって、足元の地面を濡らしちゃいました。潮を吹いている間、動けなくて鞄の中のローターをオフにすることができなくて、2回目の絶頂をむかえました。

2回イッたあとにあそこが開いてローターがあそこから抜けちゃいました。あそこから抜けたローターが鞄からだらんと垂れて、ようやく会館から解放されました。公園の真ん中に立って自分でローターをオフにできなくて2回もイッちゃうなんて、すごくHなことしてますよね。。。誰かに見られてたら何の言い訳もできなかったと思います。

【他の体験談を読む】



【あきな】ノーパン+ローター+公園散歩 その2

AV女優イベント(あやみ旬果)

その1を読む

スカートを直しもう一度あそこに指をあてると、もう完全に濡れていてクリも大きくなっていました。心臓はすごくドキドキしていて、頭の中はHなことでいっぱいでした。

かばんからローターを出しました。公園でミニスカを履いて手にローターを持っているところを見られたら、これから何をするかすぐ分かっちゃいますよね。リモコンは鞄に入れました。コードが鞄から伸びている状態です。ローターのスイッチを入れると、ブゥンという振動音がすごく大きく聞こえました。前はアソコに入れた状態だったので外に聞こえる音はあまり気にならなかったんですが、手に持っているとすごくよく分かります。

アソコにあてようと思ってローターを持ったままスカートの中に手を入れたときに、ベンチにローターが当たっちゃって大きな音をたてました。あわててローターを出して、また周りを確認しました。誰もいなかったですが、その音ですごくビックリしちゃって、ちょっとの間そのまま固まってました。

もう一度、今度は慎重にローターをクリにあてました。ヒザがビクッと震えて、かかとが浮く感じになりました。つま先がピンとなってる体勢です。ローターの振動だけで気持ちよくなっちゃって、だんだんと息が荒くなっていきました。

今度はクリじゃなくて、あそこにローターをあてました。十分に濡れていたので、入り口の辺りで小さく出し入れしていると、徐々に中にローターが入っていきました。気持ちよさで、自然と上体をかがめる体勢になりました。ローターが完全になかに入っちゃって、手を出すとぬるぬると濡れていました。薄暗い中でぬるぬるしている自分の指を見ると、すごくHな感じがしました。

膝に手をあててちょっと体重をかけて、気持ちよさでフラフラしちゃうのを我慢していたんですが、お尻をもじもじさせるように勝手に腰が動いちゃって。たぶん変な動きをしていたと思います。

少しずつ振動に慣れてきて、膝をゆっくりと開きました。前から見られたらびしょびしょのあそこから出ているコードが丸見えになっていたと思います。恥ずかしさが今までで一番だったんじゃないかと思います。

その3を読む