【葉子】このサイトを見てはアソコを濡らしています

AV女優イベント(あやみ旬果)

はじめまして、葉子といいます。

数日前にこのサイトを見て、色々な方のHな報告を読んではアソコを濡らしています。

私は露出やおもらしの経験は無いのですが、読んでいるうちにだんだんと自分がそれをしているシーンを想像してしまって、濡れたアソコを触って気持ちいい、と思うようになりました。

ひょっとするとそういう願望があるのかな?と思っています。まだ外で何かする、といった勇気はわきませんが、何か私の本心というか本能みたいなものを確かめるご指示を頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。


【マミ】公園でオシガマ+おもらし+オナニーを実行しました。

AV女優イベント(あやみ旬果)

こんばんは、マミです。

先日このサイトでいただいた露出指示を実行しましたので報告いたします。

【露出指示】
会社帰りからちょっと大きい公園までずっとオシガマ。
そして、人が来そうで来なさそうな場所でお漏らしをしなさい。
パンツはその場に捨てて、トイレに入り、扉は閉めずにオナニーしなさい。

会社に履いて行く靴は汚せないので、汚れていもいい靴をもう1足もっていきました。

会社帰りにある公園は大きめの池が中央にあり、周りはランニング+ウォーキングコースになっています。会社が終わり、家に帰る途中でカフェに寄って、暗くなるまで時間をつぶしました。カフェでこのサイトを読み返し、指示を頭の中で想像していました。

暗くなって、公園へ移動しました。入口周辺は街灯がおおく、外の人どおりや家も多いのでこの辺りではできないなぁ、なんて思いながら歩きました。お昼頃からトイレに行っておらず、カフェでもたくさん水分をとったので、もういつでもおしっこができる状態でした。

池の周りをぐるりと回って、入り口と反対側の方に向かいました。途中、自転車や徒歩の人とすれ違いました。私が今からすることがバレたらどんな目で見られるかと思うと…

ドキドキしてくると、急に尿意が強くなって、下半身に力を入れないと漏れてしまいそうなくらいになりました。数分に一回は誰かとすれ違っていたので、我慢しながら歩きました。

だんだんと早く歩けなくなってきて、立ち止まることが増えました。力を抜くとすぐにでも漏れてきてしまいそう、もう漏らしてしまおうか、と思ったら誰かが通り過ぎる、そんなことが何回も続き、本当に限界に近づいて行きました。

かなり歩いたと思いますが、ちょっと先にトイレがありました。漏らすならこのあたりかな、と思って立ち止まりました。足元に水たまりができたりしてバレないように、排水溝の金具の上に立ちました。

本当に限界を迎えていたのですぐにでもおもらししたかったのですが、周りを伺いながら、人が来ないかどうか考えると、なかなか出てくれませんでした。緊張でうまく力が抜けなかったです。

そのとき、私が気を配っていた公園内と逆側の、フェンスの外から若い人の大きな声が聞こえました。数人で騒ぎながら歩いているみたいでした。私は急な大声にびっくりして、ちょろちょろとおしっこがでてきました。

最初は少しずつ、太もも、ひざ、足元を濡らしていきました。そのうち勢いがついてきて、足を伝わずにそのまま下に落ちるようになりました。すると、排水溝の中の水にバシャバシャとぶつかり、大きな音をたてました。バレないようにと思って排水溝の上にたったのが裏目に出ました。

おしっこが止まってほしい、と思いましたが、ずっと我慢していたのでそうもいかず、音が出ないように動くこともできず、そのまま大きな音を立てながらおもらしをしました。

外にいる若い人たちはまだ近くにいます。この音に気付いてこっちを見られたら、誰かが近づいてきたらと思うと…

ようやくおしっこが止まった時には、下半身はびしょびしょ、着替えで持ってきていたスカートの後側もかなり濡れていました。誰にもバレなかったかな、と思いながらトイレに急ぎました。

トイレに行く直前、ちょっと年をとった男性とすれ違いました。私はできる限り早足で、うつむきながら歩きました。もし振り返られたら、私のスカートがびっしょり濡れていることを気付かれてしまう、そう思うとドキドキして、興奮しました。

そのままトイレに入り、指示通りドアをあけたままオナニーをしました。誰も来ませんように、と思いながらアソコを触り、5分もしないうちにイッてしまったと思います。

下半身をよく拭いて、仕事着に着替え、ノーパンで帰りました。家に帰って報告を書きながら、「パンツをその場に捨てて」という指示を実行するのを忘れていたことに気付きました。ちなみにパンツはトイレで洗って、袋に入れて、途中のコンビニで捨ててしまいました。

すべてを実行できなくて申し訳ありません。でも、誰かの指示でおもらしをするのがこんなにも興奮するなんて、思いませんでした。バレない程度にまたやってみたいと思います。



【saki】近況報告+オナ指示募集

AV女優イベント(あやみ旬果)

こんばんは。sakiです。

最近毎日このサイトをみて、コメントがつくたびにドキドキしています。

学校でオナニーしたり、公園でおもらししたり、今までは考えもしなかったようなことができるように?なってきて、恥ずかしかったり、でも興奮したりしています。

twitterでもいろんな人からコメントをもらったり、オナ指示をもらったりして、ありがたかったり、私の性欲?を管理されているみたいでさらにドキドキしたり…

もう普通のオナニーができないのかなぁなんて、たまに思ったりします。

はじめてオナニーをしたのは中学校の時ですが、そのときはこんなふうになるなんて全然思っていなかったです。でも、最近はじめて自分でいじったときみたいなドキドキ感というか、悪いことしている、みたいな感覚がヤミツキになっているのかもしれないです。

来週は中間考査前のテスト週間なので、部活動をやってる子たちがいなくなります。放課後、学校でできることが多くなるかなぁ、なんて妄想をしています。

トイレ、自分の教室、体育館裏、図書室、屋上手前の階段、視聴覚室(空いていれば)、渡り廊下の壁の裏、校舎裏、っていうふうに、1つ1つ挙げてはそこでしている自分を想像して、濡れてきちゃうことが多いです。想像だけで、触らなくても濡れてきちゃうので、濡れやすいのかなぁと思いますが、友達とかにはこんなこと聞けなくて、こういう話ができる人がいたらいいなぁと思っています。

ここのサイトで報告する人がもっと増えたらなぁ、とか。

再来週の本テスト期間はちょっとマズいんですが、来週はいろいろとやってみたいと思っています。こんないやらしい妄想ばっかりしているわたしに、オナニーとかの指示をくれる人がいたら、コメントを頂けると嬉しいです。本当に誰かにバレちゃうとか、そういうのはできないですが、見られそう、とかそういうのは…大好きです。

管理人様からもらった宿題も、土日にやって報告しようと思います。恥ずかしいですが…><


【あきな】コメントでいただいた課題を実行しました。その2

AV女優イベント(あやみ旬果)

弱いローターの振動を感じながら、ゆっくりと明るい道に出ました。車が通っていて、街灯があってコンビニがあるような道です。いつも歩いている道なのに、こんなことをしているせいで全然違うところに来た感じがしました。

明るいところに出た瞬間、怖さと興奮で頭が一杯になって少しの間動けませんでした。うつむいて目を閉じると、すぐ横に人がいるような、私のあそこに指を入れていじられているような錯覚を感じました。痴漢された時のことを思い出しました。

周りから聞こえる車の音で、ここが外なんだということを実感し、ますます興奮してきて、あそこはびしゃびしゃになってたはずです。

そのままゆっくりと歩きだし、勇気を出してコンビニの方に向かいました。途中何度か立ち止まって、このままイッちゃえたら、と思ったんですが、弱い振動ではそれもできません。すごく弄ばれているような感じがしました。

コンビニに入り、すぐにトイレに向かいました。店員さんと目を合わせることもできませんでした。早くイキたい、そればかり考えてた気がします。

トイレでショーツを見たらもうぐしょぐしょになっていて、ジーンズの内側も湿っていました。ショーツを脱いで、ローターの振動を強くしました。いままでじわじわとした快感だったのが、電流が走るみたいに感じちゃって、そのままイッちゃいました。

ローターをいれたまま、びしょびしょのショーツを履いて、ジーンズを履いてトイレからでました。コンビニから出て帰る途中、もう一度ローターのスイッチを入れました。こんどは最初から強い振動で。

さっきイッたばかりだったので、そのまま立ったまままたイッちゃいました。イクときに声が出ちゃって、周りに歩いている人がいなくてよかったです。

この報告を書きながら、あらためて自分がこんなことをしてるなんて、と思います。でも、このサイトで他の人たちの報告を読んでると、私だけじゃないんだ。もっとすごいことしてる人もいるんだと思って、ここだから言えますけど、他の人たちの報告を読むだけで濡れちゃったりしています。


【あきな】コメントでいただいた課題を実行しました。その1

AV女優イベント(あやみ旬果)

こんにちは、あきなです。

このあいだ載せてもらった報告にコメントをいただけてびっくりしました。ありがとうございます。しかも指示までいただけるなんて…なんかエッチな階段を上がった気がします(笑)

だいぶ恥ずかしいですが、指示を実行しました。いただいた指示は「ローターの強さを一番弱い状態で中に入れて2時間ほど、外出」というものでした。

わたしは、他の方の投稿にあるようなリモコンローターはもってなくて、線で繋がってるやつです。…それでも買うのはとても恥ずかしかったです。今思えばネットで買えばよかった。

勇気がなくて、お昼間はできませんでした。先日の夜、実行しました。

私はこれからローターを入れて外に出るんだ、と思うと若干怖かったですが、家でローターを使い、少しオナニーしました。少しクリに当てただけでもう濡れてきたので、やっぱり興奮していたんだと思います。

十分濡れてきたのでローターのスイッチを切って中に入れました。下着をつけ、ジーンズを履き、ローターの線を腰のところから出してリモコン部分をポケットに入れました。上にシャツを着れば線は隠せました。

玄関の扉を開けるのがすごくドキドキしたのは生まれて初めてです。外に出て鍵をしめたら何故か「もう戻れない」と思いました。

最初は人の少ない道を歩きました。中にローターが入っているのでスイッチを入れなくても違和感でフラフラしました。

家から200mほど歩いたところで、ローターのスイッチを入れました。弱ですが、中のローターが動き始め、立ち止まってしまいました。そんなに強くないはずなのに、こんなところで自分の意思であそこを刺激しているという背徳感がすごかったです。

最初は足がふるふるしていましたが、どうにか震えを止め、足を前に出しました。さっきまでとは比べ物にならないくらい歩きづらかったです。

最初は違和感だけだったのが、右足左足と交互に前に出すたびに、ローターが中で奥に行ったり手前に来たりする感覚がじわじわ広がっていくのがわかりました。

自分が操作するよりも、誰かにいじられているみたいで…だんだんと気分が入ってきちゃって、明るい道に行ってみようかなと思いました。

続く


【奈々】映画館での羞恥調教 その2




その1を読む

そのまましばらく頭に入ってこない状態で映画を見ていると、いきなり美穂さんの手が私の太ももを触り始めました。私は喜んでいたと思います。やっと触ってくれるんだ、イカせてくれるんだ、と。

すると、美穂さんは両手を使って私の両足を左右に広げました。スカートで下着をつけていないので、アソコがむき出しになります。私はあわてて足を閉じようとしましたが、美穂さんは「足を広げなさい」と私の耳元で言うのです。

私は恥ずかしさをこらえながら、言われる通りにしました。映画の光が私のあそこを照らしている感じがして、足は少し震えていました。

すると面白がった美穂さんはわたしの足を持って、椅子の上にあげました。そのまま両足とも椅子の上に上げられ、私はM字開脚のポーズになりました。ちかくに人がいないとはいえ、振り向かれたら前の人からも見られてしまいます。私は後ろを向いている人がいないか必死で確認しました。でも、もしこのとき後ろを向いている人がいたらあそこむき出しのわたしと目が合っていたんですよね。そう考えると恥ずかしいです。

そして、美穂さんはポケットからローターを取り出しました。まさかローターを持ってきているとは思わず、びっくりしました。そのままローターを私のあそこにあてて、スイッチは入れずに私のあそこに入れました。

映画館でこんな恰好になり、しかもあそこにはローターを入れている変態なんてバレたら、もう外を歩けなくなる、そう思いました。

そして美穂さんは私に見えるようにスイッチをONにしました。私はビクッと体を揺らし、中で振動するローターに感じはじめ、声を我慢するのでやっとでした。もしローターの音が聞こえちゃったら、もし声を出しちゃったら、そう思いながらも確実に感じていました。

美穂さんが私のあそこに手を伸ばし、クリをいじり始めました。我慢できなくなり、わたしは美穂さんのシャツの裾をにぎりしめました。そして、そのままビクビク体を震わせながら、イッてしまいました。

椅子から足を下ろすことを許され、私は肩で息をしながら快感の余韻に浸っていました。
その後はホテルに行き、ローターやバイブで攻められながら二人でイキました。


【saki】学校で鏡オナニーをしました。その2




その1を読む

スカートをたくし上げて、ショーツをひっぱると、濡れているところが鏡に写りました。鏡に写るってことは人に見せるポーズをしているんだ、と思うとまた恥ずかしくなりました。そうしているだけでシミがどんどん広がっていきそうな気がしました。

シミができている少し上、クリのところをなでるように触りました。もう敏感になっていて、じわじわと気持ちいいのが背中から上がってくる感じがしました。こないだの机オナニーのときもそうでしたが、たぶん立ってするのが好きなのかな、と思います。

なでるようにから、こするように触りました。だんだんと指のスピードがあがっていき、それにつれてシミもどんどん広がっていきました。シミがかなり大きくなって、ショーツをひっぱるとあそこのカタチ?が分かるくらい濡れてしまいました。

廊下でショーツを脱ぐ勇気が無くて、横にずらしてあそこを鏡に写しました。学校で、濡れているあそこを鏡に写すなんて、人に見られたらもう何も言い訳ができない体勢でした。

そのまま指をあそこにいれました。指を出したり入れたりするたびに、ヌルヌルとした液が鏡に写って、泣きそうなくらい恥ずかしくなって、どんどん感じてきました。

そのまま指のスピードを早めていって、このまましてればイケそうだな、と思っているときに階段の下から走る足音が聞こえました。私はびっくりして手をとめて、鏡の前で固まっていました。

上に上がってくることは無いみたいで、どこかに行ってしまったみたいです。ふと自分の姿を見ると、髪も制服もは乱れてるし指は濡れてるのが分かるくらい光ってるし、全然ごまかせてない格好でした。

このままだと見つかっちゃうかも、と急に怖くなって同じ階にあるトイレに行きました。そこにも誰もいなかったですが、個室に入ってすぐあそこを触って、すごいスピードでイッちゃいました。バレルかも、みたいなドキドキでHなスイッチがすごく入っちゃったんだと思います。

一度イッたんですが、がまんできなくてそのまま2回イッちゃいました。帰り際、フラフラしながら階段を降りました。

トイレから出て、自分がさっきまでオナニーしていた廊下の端をみると、あんな目立つところでオナニーして、あそこを鏡に写したりしていたんだ、と思いました。

この報告を書きながら、また恥ずかしくて死にそうになってます><



【saki】図書館でオナニー指示を実行しました。




こんばんは、sakiです。

今日はお休みで、そろそろテストも近づいているので、友達と図書館で勉強する約束をしていました。前日の夜に、ふと思いついて「図書館でできるオナニーの指示」をtwitterで募集しました。また、多くの人が指示をくれてうれしかったです。

図書館までノーパンノーブラ・友達の前で寸止めオナニー・フリスクオナニー・自転車のサドルでオナニーというのがあったんですが、

約束の時間より前に図書館に行き、ノーパンノーブラで過ごす
友達と勉強しながら、ペンでアソコをいじる

を実行することにしました。

図書館へは制服で行きました。14時に待ち合わせだったので、お昼ご飯を食べた後13時くらいに図書館に着くように家を出ました。図書館に着き、トイレに入りました。ショーツを脱ぎ、スカートをいつもより1巻き多く巻きました。ドキドキしながらトイレを出ました。

ここまでのことがスムーズに、というか普通にできるようになっているのがちょっと恥ずかしくなります///

今から1時間ノーパンノーブラなんだ。と思うと、周りの人が急に増えたような気がしました。実際は普段と同じくらいの人の数だったと思います。

わざと一番下の段の本を取るふりをしてしゃがんでみたり、しゃがんだままちょっと足を開いてみたり(前から見たら完全にアソコが見えちゃってたと思います)、高いところの本を取るための台に乗ってみたりしました。

ノーパンノーブラで図書館をうろうろしてるうちにちょっと慣れて来ちゃったのか、気付かずにそのまま階段を上がっていました。スカートを全然押さえていなかったので、下から見ようと思えば普通に見えちゃってたと思います。階段を上り切った後に気付いて、下を見ましたが、こっちを見ている人はいませんでした。

ただ、これでHなスイッチが入っちゃって、図書館にいる人が、私がノーパンノーブラでいるようなHな子だってばれちゃったら何をされるだろう、という妄想が広がっていきました。写真撮られて、脅されて、もっと恥ずかしい事やひどいことをされたりするんじゃないだろうか、そのまま図書館でされることがあるんじゃないだろうか、そんな風に考えているとアソコが濡れて来ました。

トイレでイッてこようかな、そう思った時、声をかけられました。

とてもびっくりしましたが、友達がついたところでした。図書館で、ノーパンノーブラで友達と話しながらアソコを濡れしちゃっている、その非現実感がとてもゾクゾクしました。そのまま少し話して、勉強を始めました。でも、私の頭のなかはもうHなことでいっぱいになっちゃってました。友達が本に集中しているのを確認して、ゆっくりペンをもった手を机の下に持っていき、ノーパンでぬれちゃっているアソコをいじりました。

すぐに快感が来ましたが、声を出せるわけもなく、必死に唇をかんで耐えました。ゆっくり足を開いて、スカートをちょっとだけたくし上げて、ペンの頭がクリを刺激できるようにして、、、友達の前でやることじゃないですよね。。

我慢できなくなってトイレに立ちました。トイレには人がいて、私は空いている個室に入ってバレないようにアソコに指を入れました。トロトロな状態になったアソコからあふれるようにHな液が出てきて、人がいるのにイッちゃいたくなりました。ただ、ピチャピチャと音が聞こえてしまう、と思い、そのままゆっくり指を出し入れしました。

ちょっとして、人が出て行ったので思い切りイキました。そのまま友達のところに戻って、勉強しながら隠れてアソコをいじって、を2回繰り返しました。結局勉強は全然頭に入っていません。友達には何もバレずに終わりましたが、何かもう普通のオナニーでは我慢できなくなっているんじゃないかな、と思いました。


【奈々】職場の先輩(女性)にレズ調教されています




はじめまして、奈々といいます。

私は、職場の先輩(女性)に調教されています。私の3つ上の美穂という人です。

私はもともとMなところがあって、美穂さんはレズな方です。2年前、二人で飲みにいった帰りにホテルに誘われて、関係が始まりました。

それから、いろいろな指示を受けました。美穂さんの目の前でオナニー。わたしだけノーパンノーブラで一緒に買い物。ローターを入れて美穂さんの運転でドライブ。職場でのオナニー指示。日に日に美穂さんの調教はエスカレートしていってます。

職場では中のよい先輩・後輩の関係とみられていますが、二人っきりになるとご主人様と奴隷のような関係になります。とくに露出系の命令を出されて、私が見られると興奮するのを楽しんでいるんだと思います。

ホテルに行くと、まず美穂さんの目の前でオナニーをさせられます。ローターを渡され、ブラとショーツのみの格好で仰向けになり足を開くように言われます。ローターをアソコにあて、ショーツに染みができるまで脱いではダメ、と言われます。私は仰向けのままなので、シミができたかどうかは美穂さんに確認をされます。「じわじわ広がってきてるよ」と耳元で言われ、私はそのたびに恥ずかしくなります。

ショーツが濡れて、アソコのカタチが見えるくらいになると、ようやく脱いでいいよと言われます。ショーツを脱ぐと、美穂さんがアソコを舐めてきます。私の気持ちいいところを全部知っている美穂さんは、イク寸前で舐めるのをやめてしまいます。私が「イカせてください」とお願いするまでイカせてはくれません。

私が一度イッたあと、今度は私が美穂さんのアソコを舐めます。ただ、私のアソコにはバイブを入れられます。私はその快感を感じながら、美穂さんのアソコを舐めます。私がイクときにビクッとするのを楽しみながら、美穂さんもイキます。

そして、何度イッたのか、報告させられます。美穂さんが一度イクまでに、私は4~5回はイッてしまいます。

そのあとは、二人のアソコを重ねて、レズHをします。私はヘトヘトになってしまうのですが、美穂さんは体力があり、全然平気なように見えます。

恥ずかしい関係が続いていますが、私のMな性癖を分かってくれて、包み込んでくれる美穂さんには感謝しています。
またご報告させていただきたいです。


【saki】学校でオナニーの指示をもらいました その2




その1を読む

びしょびしょだったので、スルスルっと指が入っていって、そのまま前後に指を動かしました。
なんどか行ったり来たりさせて、だんだんと指の動きが早くなっていきました。

ほんとはいっちゃだめなのに、もういきそう、ってなったところで、また人が入ってきました。しかも2人いるみたいでした。

鏡のところで話してるみたいで、個室にも入ってくる気配がなかったです。私はあと少しでイキそうなところだったので、邪魔されたというか助かったというか…

イクときの声とかあそこ触る時の音でバレちゃうから何もできなくて、ずっと固まってました。
それでも、全然出ていく感じじゃなかったので、どうしようと思ってたんですけど、消音もしてなくて用を足してる感じでもないし、ずっと個室にいても怪しまれそうだったので、勇気を出して私が出ることにしました。

ケータイをいじってたフリをしながら扉を開けて、出ました。後輩だったので、顔は知らなかったんですが、2人の横を通り過ぎる時に、何かばれてるんじゃないか、と思って全然目を合わせられませんでした。何をしてると思われたんだろう、私のこと知ってたらどうしよう、そんなふうに考えながら、教室に戻りました。

午後の授業が始まってからも、あそこがうずうずして、全然集中できませんでした。ホントにイく寸前までいってたので、そんなところで中断して、ふつうにしてられるわけがありませんでした。

ばれないように椅子でモゾモゾしてみたり、ポケットに手を入れてちょっとあそこの付近を触りたくなったり、ほんとにヤバかったです。

早く放課後が来ないかな、誰もいないところで思い切りイキたいな、ずっとそんなことを考えていました。

放課後になって、誰もいなくなるのを待ちました。部活をやってるような教室とかからは遠いんですけど、窓からは校庭が見えるようになってます。私の席は窓側の前から2番目なので、自分の席だと廊下の様子が見えないし、校庭の様子がばっちり見えます。

誰か来るんじゃないか、誰かに見られるんじゃないか、そう思ったんですが、何時間もイクのを我慢していたので、私はすぐに机にアソコをつけました。

手が使えないので、机を両手で押さえて、あそこを前後させました。すぐに気持ちよさで頭がいっぱいになりました。今誰かが来ても絶対止められない、と思いました。

凄く濡れてきて、自分の机が汚れていくのが分かりました…

チラっと外を見ると、運動部が部活をしていました。校庭からは私の下半身は見えないはずなんですが、たくさんの人に見られてるような気がして、どんどん濡れていきました。

我慢できなくなってパンツをずらして、直接アソコを机につけました。すごく濡れていたので、机がどんどん濡れていって電気に反射してるのがいやらしかったです。触れないのでクリをあてていくために、片足を椅子にのせました。もう誰かが来たら言い訳もできなかったと思います。足を上げたせいで外からも見えてるんじゃないか、そんなふうにもおもいました。

そのままクリだけでイッちゃいました。びしょびしょのパンツのまま椅子に座って、ちょっとだけ放心状態でいると、廊下を知ってる子が歩いて行きました。私はあわてて机の濡れちゃってるところを隠すように、腕をおきました。まだ濡れていたので、制服の袖までちょっと染みちゃいました。

よくよく考えると、してるときに誰も通らなかったのが奇跡だったのかもしれません。
怖かったけど、いまでも思い出すとドキドキして濡れてきちゃうくらいです。
癖になってしまうかもしれません。