【さくらこ】学校で全裸オナニーをしました その3



その2を読む

学校で全裸でいるということが信じられなくて、すごくドキドキしました。
その場で立ったままオナニーをしました。
さっきまでのことと、この状況に興奮していて触ったときには既にあそこはびしょびしょでした。
上下にクリを擦ると声が漏れそうになりましたが、絶対出せないので指を咥えたり軽く噛んだりして抑えていました。
それでも吐息は漏れてしまっていました。

その後、変態的なことをしたくなってしまいました。
何かいい方法はないかなと考えているとき、トイレの手すりが目にとまりました。
私は乳首をつねりながら、あそこをトイレの手すりにくっつけて腰を振り、汁をたっぷり擦り付けてきました。
手すりから少しあそこの匂いがするような気がしてドキドキしました。
次使う人はこんなことに使われていなかったなんて何も知らずに使うんだろうと考えると申し訳なさと背徳感で興奮しました。

その後また同じようにクリを擦ってイきました。足に力を入れると気持ちいいので、
しゃがみこんで内股になって太ももを締める感じの姿勢になっちゃっていました。
少し声が漏れていたかもしれないです。私だとバレてしまったら学校に居られないと思うとドキドキしました。

最後に鏡に汁をつけてきました。本当は裸のまま鏡につけて来たかったのですが、
全裸で扉から出るのは流石に恐怖心が勝ってしまいできませんでした。
あそこを拭かないまま制服に着替えて個室から出ました。
そして指であそこの汁をすくって鏡や水道付近に汁をべったりとつけてきました。
一見すると洗剤などがついてるように見えますが、えっちなあそこ特有の匂いがしたので、わかる人には分かってしまうと思います。
手を洗い、分かってほしいようなほしくないような気持ちでトイレを去りました。

その4を読む

【他の体験談を読む】



【さくらこ】おもらしを録画してオナニーしました その3



その2を読む

その後、課題に従ってその場で動画でオナニーをしました。
動画の再生をはじめると、した時のいけないことをしている感覚が蘇ってくるようで、ただでさえさっきからの刺激がたまっていたクリが更にビクビクしました。

動画を見ながら履いたままでパンツの中に手を伸ばしました。まだパンツの中にあったおしっこが音を立ててこぼれました。おしっこと汁の混ざったものを指につけ、クリを上下に擦りはじめました。
いつもより滑りやすくて指が予想外の動きをしてしまい、いつもとは違った感覚を味わうことができました。
我慢している場面を見ていると、あの時の余裕のなさを思い出してどんどんあそこが切なくなってしまいました。

動画はおもらしのシーンになりました。
この淫乱な人が私なんだと思うとものすごく興奮しました。
汚い流れ出る音も、放物線も、全部きれいに撮れてしまっていました。閉め切ったお風呂場で動画の音が大きく反響していて、もしも通気口から外に聞こえちゃっていたらどうしようと思いました。
そう考えると、どんどんクリを挟んで擦る指の動きがはやくなっていきました。息づかいも荒くなってきました。
まだ残っていたのかおしっこが途切れ途切れに少しずつ漏れてしまい、指を濡らしました。
おしっこで濡れた手なことも気にせずTシャツに手を突っ込み乳首を弾くように刺激しました。
最後はクリの付け根を親指で下から擦り上げるようにしてイきました。

余韻に浸りながらぐちょぐちょのパンツと靴下を脱ぎ、洗いました。
クロッチがヌルヌルになってしまっていて中々取れませんでした。
今ので私は興奮していたんだな、と思うと新しい性癖が開拓されたようでドキッとしました。
ますます変態に磨きがかかってきたな、と自分に呆れる一方、次はどんなことをしようかとわくわくしました。

未知の体験で全てがとても新鮮でした。ちょっと膀胱が痛くなってしまったので頻繁にはできませんが、またいつかやってみたいと思ってしまいました。
おもらし体験をネットに載せるなんて本当に恥ずかしいです。

閲覧ありがとうございました。

【他の体験談を読む】



【さくらこ】おもらしを録画してオナニーしました その2



その1を読む

待ち望んでいたタイマーが鳴りました。
すぐに和式座りに戻り、おそるおそるあそこに力を入れると、じんわりと温かい感覚が広がっていきました。反動で気持ちよくなってしまって夢中でした。
出すともう止めようと思っても止まらなくなってしまいました。
少し冷静になってなんて恥ずかしいことをしてるんだろうと思いました。しかしそんなことを思いながらも考えに反して足元に小さな水たまりを作ってしまいました。水たまりがどんどん大きくなっていきました。

それがあまりにも恥ずかしくて目を閉じました。
しかし流れ出る音と、水たまりにおしっこが落ちる音が混ざって卑猥な音が聞こえます。目を閉じるとその音で余計に恥ずかしさが増してしまいました。

出し終わると、ついにやっちゃったなっていう気持ちに襲われました。

パンツにいつもより重みを感じました。
見てみるとクロッチ部分はおしっこですこしたぷたぷとして、それ以外の部分は体にぴったりとくっついていました。
履いていた靴下もパンツも自分で出したおしっこでびしょびしょになってしまいました。 

この時点でもう十分なほど恥ずかしいのに動画を見返してオナニーをする。更にそのレポートをネットに晒してオナペットにされちゃう。
そう思うともうこんな恥ずかしい自分は普通に生きていけないのではないかという気持ちにすらなりました。
そんな気持ちとは裏腹に気持ち良かったと、もっとしたいとも思ってしまいました。

その3を読む

【他の体験談を読む】



【さくらこ】おもらしを録画してオナニーしました その1



こんにちは、桜子です。
夏休みで家に1人になれたので、早速管理人さんから頂いた課題を実行してきました。

【課題】
家のどこかでパンツを履いたまま、おもらしをすること。
可能であればケータイなどで写真に撮ること。
撮った写真を見ながらオナニーをし、報告すること。

今回する場所は、汚れてもいいようにお風呂場にしました。
衣服はTシャツとパンツと靴下のみです。
Tシャツはユニクロのディズニーキャラのもので、履いているパンツは桃色のボーダー柄にレースのついているものです。
靴下は足が締め付けられる感覚が好きでオナニーするときたまに履いています。気分だったので履いてみました。白のクルー丈のものです。

まず、おもらしのために麦茶をたくさん飲みました。いやらしいことをするための準備だと思うと、ひと口飲む度にまるで媚薬が入っているかのように興奮が増していきました。
大体ですが500mlのペットボトル2.5本分ほど飲んだと思います。

だんだんと尿意が強くなってきて、むずむずとクリのあたりがもどかしい感じになりました。

これからトイレ以外の場所ではしたなく出すと思うと、とても恥ずかしかったです。まるで野生動物みたいだと思いました。
鏡を見たら耳が真っ赤になっていました。
下腹部を見ると驚くほどパンパンに膨れていました。

カメラを動画モードでセットして、和式座りになりました。

既に少しもどかしい状態なのですが、あと10分だけ我慢してみようと考え、タイマーをかけました。

最初は10分くらいなら大丈夫だとなめたことを思っていたのですが、
我慢開始から3分くらい経った頃から、すごく尿意が強くなってしまい、とても和式座りを維持できなくなりました。かかとであそこを強く抑えながら風呂場の床にぺたんと座って耐えていました。

5分ぐらい経った頃からは、それだけでは抑えるのが辛くて指であそこを抑えつけていました。それで逆に刺激されてしまいましたが、指を離したら出ちゃいそうで動かせませんでした。
指やあそこが震えてしまうので常に弱い刺激が与えられていて辛かったです。
この頃から時間設定を長くしすぎたなと思い始めました。まだ半分だと思うとさらに震えました。

7〜9分の頃はもう早くしたくてしょうがなくなって目を瞑って時間がすぎるのを待ってはタイマーを見るという動作を繰り返していました。 全然進まない時間に泣きそうになりました。

最後の1分になると気が狂いそうでした。
すこしじわっと漏れてしまっているのが指越しに伝わってきました。もうどこでもいいから早く出しちゃいたいと思いました。

その2を読む

【他の体験談を読む】



【saki】またショッピングモールでオナニーしました。

こんにちは、sakiです。

今日はこの前頂いた課題を実行してきました。
遅くなってごめんなさい。

【課題】
ツイートのRT数の2桁目の回数、別の場所でオナニーしてイクこと 
RTが20を超えたら、おしがまオナニーをすること



RTは14だったので、オナニーは1回 場所も1か所
おしがまは無しになりました。

なんかちょっと残念がっている自分がいて、恥ずかしくなりました。

学校が夏休みに入ったので、以前に課題オナニーで行ったショッピングモールに行きました。

またバスで移動したんですが、夏休みに入ったので私より年下の子がたくさんいて、
今からショッピングモールでオナニーするってことがバレたら、
逃げられないバスの中で、すごく変態な子と思われる…と恥ずかしくなっていました。

ショッピングモールに着いて、どこでオナニーするかを考えました。

最初は大きめのフードコートに行きました。
ジュースを買って、席に座って、周りをきょろきょろしました。

かなり人が多くて、こんなところでスカートに手を入れて、オナニーなんてしたら
絶対にバレちゃう、と思いました。

でも、座ったまま、机の下でスカートをゆっくりたくし上げました。
スカートがだんだん上がってきて、膝、太ももまで見えるくらいになりました。

しゃがんで前から見たら、パンツも見えているくらいまでしたんですが、
勇気がなくて手をいれることはできませんでした。

ただ、そのまま10秒くらい手を止めて、すごくHなことをしている自分にドキドキしていました。

ジュースを飲み終わって、フードコートから出ました。

近くのトイレに入って、アソコを確認すると、じわっと湿っていました。
さっきの大勢の人の前で露出っぽいことをしたのが、興奮しちゃったみたいです。

そのまま、クリを触りました。
トイレには誰もいませんでしたので、少しピチャピチャと音を立てながら、しました。

アソコに指をあてると、愛液が糸を引くくらい濡れていました。



そのまま指を入れて、何度も出し入れしました。
足がガクガクとなって、背中がピンッとなって、
アソコに入れた指を少し曲げながら、一番気持ちのいいところを刺激しました。

「んんっ」という声が出てしまい、その瞬間にイッちゃいました…

パンツを履いたままだったので、内側がビショビショでした。
そのままパンツを脱いで、カバンに入れてノーパンでトイレを出ました。



帰りのバスもノーパンで、もしバレちゃったら…
オナニーしたばかりなので、変なにおいとかしてないかな…と不安になっていました。

家に帰って、思いだしながらまたオナニーをしました。

これから夏休みなので、またいろいろとやってみたいです。

【他の体験談を読む】

【りなこ】いつもの森林公園で・・・

今日の土曜日にまたいつもの森林公園に行ってきました・・・

また、行きたくてたまらなくなってる私です。
ますます変態になって行くような気がします・・

先週と同じように家から首輪はしましたが、下着は着けてお出かけしました・・・

この森林公園は、私の家から車で40分ぐらいのところにあります。

今日はワンピースを着て来ましたが前ボタンではなくて背中ファスナーを着ました。
脱ぐのにちょっと手間取った方がハラハラドキドキするかなって私なりに思ったものですから・・・

車の中から様子を見ましたが、誰も居ないようでしたので車から降りて少し散歩しました。

だんだんと胸の高鳴りが大きくなり、変態な自分が現れてきました。

そしていつもレスをくれる人の事を思い浮かべながら
その人が私の前に居るのを想像しながら裸になりました・・・
背中のファスナーを下ろしワンピースを脱ぎました

そして、ブラを外しました
そして、ショーツを脱ぎました・・

その人にされてるのを想像しながらおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりしました
だんだんと気持ちよくなり私は立っていられなくなりそこに横になってオナニーを続けました

その男性にされてるのを想像しながらおまんこの中に指を入れて
あぁ~あぁ~と言いながらオナニーをしました・・

すごく気持ち良くて、すごく気持ち良くて
なんか身体がふわぁ~ってなって熱くなって

その人のことをあなたって、あなたわたしを抱いてって
私の中に入って来てって

わたしはあなたのものよって
もっと強く、もっと強く
あぁ~気持ちいい、
イクゥ・・・イクゥ
呼びながら逝きました・・・

なんか最近の私はすごく淫乱になってしまいました・・
と言うよりもともと淫乱だったのかも

いままでそれを隠していたのかも・・・

【他の体験談を読む】

【さくらこ】最初の課題を実行します。

こんにちは、桜子です。

早速ですが、今日はこれから管理人さんから頂いた課題を実行しようと思います。

【課題】
オナニーをしながら報告書を書くこと。
どこをどのように触り、どうなっているのか、どう感じているのかを詳細に書くこと
イッた瞬間にイッたことを報告に載せること

コメントで頂いた実況中継?の課題とも一致してますのでこちらに統一させて頂きます。ありがとうございます。

オナニーしながら書くので、文章が支離滅裂になるかも分からないですがお付き合い頂けると嬉しいです。

まずは今日のおかずを探します。クリなどを責められてる女の子の画像にすることにしました。
女の子が気持ち良さそうにしてるのを見てるとまだ触ってないのですがじんわりと気持ちよくなってきました。
クリが吸引されてゴリゴリされてる描写に弱いです。

触らないで少し気分を高めています。もどかしい感じが好きです。

さっきから疼きが止まらないです。つい太ももを擦り合わせて刺激を求めてしまいます。

軽くおっぱいを触ります。これを書いていて片手しか使えないのでさらにもどかしいです。

乳首を服の上からカリカリしています。この触り方が一番好きです。
カリカリしてると少しずつ乳首の形が布越しにわかるようになってきました。

そしたら直接摘まんでコリコリしてみます、ものすごく疼いています、濡れが止まらないです。唾液を指につけて乳首の先端をクルクルすると
もう我慢できなくなつて下に手を入れました。

パンツを履いたまま手を突っ込んで、どろどろ溢れてる汁を指につけてクリをゴシゴシ擦りました。夢中です。気持ちがいいです。
押し付けながら円を書くように指を回しています。たまに汁をすくうといつもよりも濡れ濡れでびっくりしました。
画像の娘と自分を重ね、どんどんつよく擦るとあっけなくイッてしまいましたが、

クリがぷるぷるする余韻が気持ちよくて、もっとしたくなってしまいました。
あと1回だけイったら報告することにして、またクリを擦りました。

もうドロドロでパンツもぐしょぐしょで、快感以外のことが考えられないです。
同じように人差指を回すとイきそうになって息も荒くなって、でも親も向こうの部屋にいるので声も出せなくて、くちびるを噛んで声を抑えてました。

くちびるの隙間から荒い呼吸が漏れて気持ちよくって気が狂いそうです
手が止まらなくなっちゃって強く芯の方を擦ります。
イきそうです、心臓が爆発しそうです。 
イっちゃいました。

【他の体験談を読む】

【さくらこ】はじめましてのご挨拶です。

はじめまして、こんにちは。桜子といいます。
私はどこにでもいる大人し目の学生です。

ここを少し前に見つけ、こんなサイトがあるのだとびっくりしました。
それからは先輩方のエッチなご報告にドキドキしながら夜な夜なオナニーしていました。  



この度勇気を出して、私の変態さをご報告させて頂きます。
私は小学4年生からオナニーに目覚めて、それからはほぼ毎日狂ったようにオナニーをしています。
おかずはこのサイトのご報告や、機械に犯されたり晒し物にされたりするなどの内容のえっちな漫画が主です。
夏場はプールの授業があるので更衣室で水着に着替える同級生を視姦してそれでオナニーしたりするド変態です。
クリトリスが特に敏感でいつも指でグリグリと責めています。



まだ処女なのですが、もしよかったら私にも宿題を出していただけないでしょうか?

精一杯報告書を書かせて頂きますのでよろしくお願いします。

今、とってもドキドキしています。

【他の体験談を読む】

【あい】はじめてローターを買って、外で使いました。


戦乱プリンセスG

こんにちは、あいです。

この間、ドン・キホーテに行って、リモコン付きのローターを買ってきました。
電車で数駅離れたお店で、知り合いがいないのを確認して買いました。

私の前に2人ほどお客さんが並んでいて、アダルトコーナーから出てきた私は、恥ずかしくてずっとうつむいていました。

やっと変えて、バッグの中に入れてまた電車で自宅のある駅まで戻りました。

どんな感じなんだろう、そう気になった私は、この前オナニーをした公園に立ち寄りました。

公園のトイレに入って、ローターを箱から出しました。

パンツもセットになっていて、パンツはアソコのところにポケットがついています。
そういうプレイ用に使えるようになっているやつです。

私はまず、自分のパンツをの上から、アソコを触りました。
いつもするようにオナニーをしていました。



これまでは公園で外でのオナニーだったので、あまり緊張することなくできました。
が、あくまで外のトイレオナニーなので声は我慢しました。
外もまだ明るい時間で誰が入ってくるかわかりません。
徐々にドキドキしてきて、あそこも濡れていきました。

十分濡れた後、ローターを動かしました。
ブゥンと音がして、ピンクのローターが振動しました。

ゆっくりとパンツごしにクリに当てました。
最初はくすぐったかったんですが、振動させながらクリをこするように動かすと、とても気持ちよくて、一瞬声が出てしまいました。

そのまま、クリだけでイッてしまいました。



リモコンにはローターを強くするボタンがあって、一回イッたあとにパンツを脱いで、強くしてもう一度あてました。
さっきと全然ちがう気持ちよさが襲ってきました。

びしょびしょのアソコに、ローターを入れるとするすると入っていきました。
中でかなり強く振動しています。

このまま外に出ようかな、と思ったんですが振動が強すぎて歩くことができませんでした。
立ち上がった瞬間に膝がガクガクなってしまいました。

そのまま座って、何もしていないのにもう一度イッちゃいました。



危険なおもちゃを買ってしまった…と思っています。

【他の体験談を読む】

【saki】コンビニのトイレでオナニーしました。



sakiです。

前回のノーパンノーブラで外出したときの続きです。
<前回の報告を読む>

コンビニのトイレに入った私は、Hな気分を我慢できなくなりました。



ゆっくりとあそこをなでると、あそこから溢れた液が指にびっしょりとつきました。
そのまま指をあてて、上下に動かしました。
あそこ、クリを刺激するように動かしていると、足がビクビクとなってしまいます。

トイレは2室あって、両方とも男女共用です。
男の人も使うところで、下着もつけずにオナニーをしていると思うと、さらにHな気分が強くなっていきました。

そのまま指をあそこに入れて動かしました。
出したり入れたりするたびに背中がビクビクして、たまに大きな音を立ててしまいました。

声が出ないように気を付けていたんですが、トイレの個室に私の息遣いが響いていました。



そのとき、トイレの外からガチャッと音がしました。
誰かがトイレのドアを引っ張ったみたいです。
私はびっくりして、アソコから指を離しました。

ドア一枚の向こうに、誰かがいる、そう思うとドキドキもありましたが、怖さが強かったです。
もし声が聴かれていて、店員さんかお客さんが気づいていたら、
もし今外に出たら、何て言われるのか、そう思うと怖くなって何もできませんでした。



ドアの外の人はそのままもう一つのトイレに入っていったみたいです。
私は一安心しましたが、隣のトイレに人がいる、と思うとさっきの怖さもあってオナニーを続けられませんでした。

急いで個室から出て、コンビニからも出ました。
若干早歩きで、でもスカートがめくれちゃうと、びしょびしょになっているアソコまで見られちゃう、そう思って歩きました。

家について、すぐに部屋でオナニーの続きをしました。
イク前に寸止めされたみたいになっていた私の体はすぐにイッちゃいました。

そのまま3回イクまでオナニーを続けました。

怖かったですが、また味わってみたい、なんて考えています。

【他の体験談を読む】