【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その2

中出しのサンプル動画が見放題!

その1を読む
さすがに触れなかったんですが、中の振動と妄想と、トイレオナニーを途中で止めていたので、頭の中はイキたいって思いでいっぱいでした。でも、なかなかイケなくて、足をもじもじさせたりしていました。

そのうちに電車が次の駅に着いてしまいました。今日はもう1駅と思っていると、急に名前を呼ばれました。びっくりしてドアの方を見ると大学の友達が乗ってきました。ローターをあそこに入れて電車に乗っているときに友達に会うなんて、最悪でした…。

バレたらどうしよう、と思いながらなるべく平然を装っていたんですが、頭の中はイキたいって思いでいっぱいだったので友達が何をしゃべっても頭に入ってきませんでした。元気がなくて疲れているふりをしたんですが、友達は横に立って普通に話をしてきます。

バレないように、感じないようにって思えば思うほど振動が強くなっていく気がして足が開きそうになるのを必死にこらえながら相槌以外あまり声を出さないように気を付けました。

ローターを止めようかとも思ったんですが、ポケットの中のスイッチを触るのもバレそうで怖くてできませんでした。友達が横にいるのにローターであそこをびしょびしょにしてるなんて本当に変態ですよね…。

その1駅の間は本当に何をしゃべったか、言われたのか覚えてなくて、次の駅に着いたらすぐに降りちゃいました。ホームに降りてしばらく階段を上れずに壁に手をついて気持ちを落ち着かせようとしました。

でも、さっきの恥ずかしさと開放感でどんどん感じて来ちゃって、そのままホームでイッちゃいました。イク瞬間、下半身がビクビクッてなって、周りにバレてないか心配になりました。そのまま誰とも目を合わさずに階段を上って、トイレに駆け込みました。

トイレの中で、ローターをアソコから出して、クリに当てながら指をあそこに入れて思いっきりオナニーしました。イクときは普通に声が出ちゃって、また恥ずかしくなったんですがどうしても我慢できなかったです。

帰りはびしょびしょになったショーツを脱いでノーパンで帰りました。

友達にバレちゃってたら、どんなこと言われるんだろう…って思うとまたムラムラしてきちゃって、家に着くころにはほんとうにあそこから出た液が太腿まで伝っていました。

バレそうな怖さってホントに気持ちよさと繋がってるんだなと思いました。

【他の体験談を読む】

英会話

【あきな】電車でローターオナニーをしていたら友達に見られました その1

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

あきなです。こんばんは。

前回のローター電車オナニー以来、あの気持ちよさが忘れられず、また挑戦しちゃいました。

前回は1駅だったので今回は2駅にチャレンジしようと思って、家を出ました。今回はローターをカバンの中に入れて駅まで行きました。恰好は前回と同じTシャツと黒いスカートです。

駅について、トイレに入りました。個室がひとつ埋まっていたので、その人が出ていくまで大人しく過ごしました。その人が出ていく音がしてから、カバンからローターを出してアソコに当てました。外のトイレでオナニーすることが多くなってきたんですが、やっぱり恥ずかしさとバレるかもって怖さはなくなっていません。

声が出ないように我慢しながらクリにローターをあてました。ローターの振動音が響いている感じがして恥ずかしかったです。途中、足音がしたのでローターを止めました。アソコがひくひくしちゃって、我慢するのが大変でした。

また、その人が出ていくのを待って、今度はびしょびしょになるまでオナニーを続けました。一回イキたかったのですが、我慢してローターをあそこの中に入れて、個室から出ました。頭の中はオナニーとこれからすることでいっぱいになってかなりHな気分になっていました。

前と同じように、改札を通る瞬間からポケットの中のスイッチを入れました。声が出ないように我慢しながら歩きましたが、やっぱりぎこちない歩き方になっちゃいます。もし、私の報告を知っている人が見ていたら、今感じてるんだろうなって分かっちゃうと思います。

階段をおりてすぐ、電車が来ました。本当は端っこの車両に乗りたかったのですが、意を決して真ん中の車両に乗りました。平日の夜であまり人は乗っていなかったんですが、それでも前回より近い位置に人がいたので、恥ずかしさで立ったままうつむいていました。

電車が走りだして、車両が揺れる度に中が刺激されている感じがしました。アソコは触らなくても分かるくらいびしょびしょになっている気がしてショーツで吸いきれなかった液が垂れてきたらどうしようって思いながら必死に声を我慢しました。

もしアソコから液が垂れてきて、それがバレちゃったら…いつも妄想しているみたいに痴漢されて、中にローターが入ってるのがバレちゃったら…って思うとどんどん興奮しちゃいました。痴漢されても嫌って言えなくて、されるがままにされちゃう妄想をしているうちに、手が自然とアソコの方にのびちゃって、無意識にあそこを触ろうとしていることに気が付きました。

その2を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その3


戦乱プリンセスG

その2を読む
妄想をしているうちに、ふと気づくと自分の息がかなり荒くなっていることに気付きました。「ハァ…ハァ…」とHな息が漏れていて、首筋もかなり汗ばんでいました。足も気づいたらかなり開いていて、スカートだったのでかなり恥ずかしい格好になっていたんじゃないかと思います。

さっきの男の人にバレてたら、と思ってその人の方をチラッと見ました。

その男の人はケータイを見ていて、全然こっちを見ていなかったんですが、その奥にいた若い女の人と目が合っちゃって…そのときにさらに恥ずかしさが襲ってきて、あそこがキュッとなって軽くイッちゃいました。

電車の中で、人に見られながらローターの振動でイッちゃった、そう思うと続けて快感が襲ってきて、またイキそうになりました。ぐっと下半身に力を入れて、なんとか我慢しました。たぶん続けてイッちゃってたら声にも表情にも出ちゃって絶対バレちゃうと思ったからです。

そのまま、振動を意識しながら次の駅まで耐えていました。恥ずかしさで人がいるほうが見れなくて、でもこっちをずっと見られているって感じがして、心臓をバクバクさせながら、あそこのなかで震えるローターの快感に溺れていました。

ようやく駅について車両から降りました。急いで、またトイレに向かいました。個室に入って気付いたんですが、愛液が太腿まで垂れちゃっていて、もうショーツで吸収できないくらいに濡れちゃっていました。

今度はローターを入れたまま、あそこの中に指を入れました。ローターを奥に奥に押して、気持ちいいトコロに当てました。弱い振動でもものすごく感じちゃって、すぐにイッちゃいました。

緊張と快感でヘトヘトになっちゃって、しばらく動けなかったです。肩で息をしながら、ヒクヒクするあそこを突き出した状態でトイレの個室に座っているのがすごく情けなかったです。

ショーツがびしょびしょすぎてもう履けなかったので、ローターもショーツも鞄に入れて、ノーパンでトイレから出ました。

反対側のホームに行って、電車に乗って帰りました。帰りは席に座ったんですが、鞄を膝の上においてノーパンがバレないようにしていました。

駅を出て、家に帰る途中は少し風が吹いていたので、あそこやお尻が見えないようにドキドキしながら帰りました。

ついにローターを使って電車の中でオナニーしちゃいました。これからの痴漢妄想がもっと強くなりそうです。

【他の体験談を読む】


ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その2

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

その1を読む
トイレについて、個室に入りました。

スカートをたくしあげて、ショーツを確認しました。もうびしょびしょに濡れちゃっていました。振動が弱くてもこんなに濡れちゃうくらい興奮していたんだと分かりました。

ローターをアソコから取り出しました。そのままクリに当てると、ビリビリッとくるような快感が背中の辺りを走りました。「はんっ」って声が出ちゃって、慌てて口を押えました。たぶん誰もいなかったと思いますが、逆に静かだったので男子トイレまで聞こえちゃってたらどうしよう、なんて考えました。

そのままローターをクリに当て続けてイッちゃいました。心の中で、「わたしは地下鉄の駅のトイレで、ローターをクリにあてながらイッちゃう変態です」って呟きながらイキました。すごく恥ずかしかったし、今この報告書を書いていてもめちゃくちゃ恥ずかしいです。

一度身体を落ち着けて、またローターをあそこに入れました。トイレから出て、ホームに戻ってからスイッチを入れました。さっきより気持ちは少し楽になっていましたが、快感は強くなったような気がしました。

あと少しで電車が着く、っていう頃にスーツを着た男の人が近くに歩いてきました。もしバレてたら、声をかけられたらどうしようって思いながら、顔を俯けていました。ドロドロに濡れちゃってるあそこから液が垂れてきたらどうしようとか、もし痴漢されちゃって、中にローターいれてるのがバレたら、なんて妄想をしているうちに電車がホームに入ってきました。

ドアが開いて、すぐに車両の隅に立ちました。座っちゃうとびしょびしょのショーツからスカートに染みちゃうと思ったからです。ドアが閉まって、さっきの男の人はちょっと離れた席に座りました。席がかなり空いていたので立ってる私の方が不自然だったかもしれません。

電車が発車しました。さっきのトイレやホームと違い、密室になっているのでバレたときに逃げる場所もないし、もし匂いとかでバレちゃうんじゃないか、と色々と考えちゃってどんどんHな思考回路になっていきました。

目を閉じて、電車の揺れを感じながらあそこに指を入れられている想像をしました。中に入っているローターがちょうどそんな振動だったので、いつもの妄想よりもかなりリアリティがありました。
その3を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】ローターを入れて電車に乗りました。その1

中出しのサンプル動画が見放題!

あきなです。こんばんは。

ちなつさんの投稿に影響を受けて、小さなローターを買っちゃいました。今まで使っていたのが少し大きくて、そのままだと人前にずっといるのが絶対に無理だったので買っちゃったんですが、よくよく考えるとこれって、ローターを入れて人前に出たいって願望があるってことですよね…

ローターが届いて数日間、実行するかどうかためらっていたんですが、意を決してやってみることにしました。

まずは家でローターを入れました。今までのより小さいので、すこしオナニーして濡らすとスルスルっと入っていっちゃいます。ショーツを履いて、黒いスカートをはきました。もし座って染みちゃっても気づかれにくいかな、と思ったので。

家を出て、駅に向かいました。電車、というか地下鉄なんですが、土曜日の夜だとあまり人が多くない路線です。上は白いTシャツです。さすがにノーブラだとバレちゃいそうなので、ブラはつけていきました。

今までのローターお散歩よりも小さいローターなので歩いているときの違和感は小さかったんですが、それでも何か入っているっていう感じはあって、さらにそんな状態で外を歩いているっていうドキドキは何回やっても慣れないものです。

駅について改札を通る瞬間から、と思ってポケットの中のスイッチを入れました。小さいローターなので振動を弱にするといつものローターよりもかなり弱い振動で震え始めました。それでも、スイッチを入れた瞬間は「はぁんっ」って小っちゃく声が出ちゃって、さらに歩き方がぎこちなくなっちゃいました。

手すりにつかまりながらゆっくりと階段を下りました。階段を降りる動きで、ローターが中のいろんなところにあたって、すごく気持ちよかったり逆にもどかしかったり、すごく焦らされている感じになっちゃいました。

階段を降り切るまでに電車が一度出発しちゃって、ホームでなるべく人のいないところまで歩きました。壁に寄りかかって、息を整えました。でも、整えようとすればするほど意識があそこにいっちゃって、中でブルブル震えているローターの振動、というよりもそれを入れてこんなところまで来ちゃってるってこと自体にすごく感じちゃっていました。

だんだんと、イキたいって気持ちが大きくなっていって、我慢できなくなりました。電車はあと少しで着くところだったんですが、一度トイレに行くことにしました。
その2を読む

英会話

【あきな】鏡の前でバイブオナニーしました その1

戦乱プリンセスG

あきなです。

ついさっき、管理人さんからもらった課題を実行しました。

【課題】
twitterで私の報告書でオナニーしたことがある人の数×分だけバイブオナニーする
オナニーは鏡の前で。途中イッてもやめてはいけない。

まず、twitterでアンケートを取りました。自分のオナニー報告で誰かがしてるのを想像するとすごく恥ずかしくて、それだけでドキドキしました。アンケートを取ると、30人以上の人が「したことがある」を選んでて、たくさんの人に見られてるっていう実感がすごかったです。

時間までで31人だったので、31分間バイブオナニーをし続けなければなりません。そんなに長い時間バイブで耐えられたことが無いので何回もイクのは間違いないと思いました。

ドキドキしながら姿見の前に座って、びしょびしょになっちゃうのでタオルを敷きました。バイブをクリにあてて、スイッチを入れました。バイブの先端がグネグネと動いてクリを刺激しました。自分の指でするよりも動きがいやらしくて、誰かに触られてる想像をしました。

次に、バイブをあそこに沿って動かしました。バイブの動きがあそこを広げていく感じがいやらしかったです。鏡を見ると自分が感じている表情がすごく分かって、いつもこんないやらしい顔をしていたんだ…と思いました。あそこは広げられて、中がヒクヒクしているのが写されていて…すごくHな気分になりました。

Hな液がすごく溢れてきていて、バイブを入れようとするとまた液があふれていくのが鏡に写されました。ゆっくりとバイブが入っていき、半分くらい入りました。ここから31分オナニーを続けないといけなかったんですが、既にちょっとイキそうな感じになっていました。

しばらく出し入れをしていたんですが、声が我慢できなくなりました。鏡に写ってる自分の姿をたくさんの人に見られているような感じがして、いつもより感じちゃいました。バイブを出し入れするたびに腰が浮いちゃって、お尻の方までヒクヒクとするのが分かりました。

ちょっと出して、また入れる度にあそこがすごく広げられて、でもそのバイブをいやらしくくわえこんでいて…思い出すとまたムラムラしてきちゃいそうです。男の人とHするときはこんなイヤらしい姿を見せているんだ…って思うと恥ずかしくて恥ずかしくて。

その2を読む

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】鏡の前でバイブオナニーしました その2

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

その1を読む
そのままバイブの動きに身体を預けて、イッちゃいました。イクときに自分の顔を見ました。すごくHな声をあげて、ビクビクッと身体が跳ねていました。そのままバイブを抜かずにオナニーを続けました。

2回目はそこから5分くらいしかもたなかったと思います。最初にイッたあと、バイブが奥に奥に勝手に入っていって、一番奥の感じるところをグネグネとかき回されました。バイブの突起がクリにあたって、いろんなところを責められてる感じになって、背中をのけぞる体勢になってイキました。

鏡にはすごくHな自分の顔が写っていて、クリがすごく大きく膨らんでいるのも分かりました。身体はヘトヘトでしたが、まだ半分くらいしか時間がたってなくて、辞めることができませんでした。

twitterで報告をしていたんですが、このあたりから気持ち良すぎて頭が真っ白になって、携帯を打つのが困難になりました。あとから見てこんなこと打ってたんだ、って思っちゃったくらいです。

だんだんとおしっこというか、潮が出そうな感覚が上がってきて、ヤバイなと思っていたんですが、自分じゃない意志でバイブが勝手に動くので、我慢できませんでした。

敷いていたタオルがびしょびしょになるくらい潮を吹きながらイッちゃいました。鏡には潮が飛び出るときに少し散っちゃっていて、Hな雫がたくさんついちゃいました。

バイブでオナニーしながら何度もイッちゃって潮まで吹いちゃうHな姿を何人もの人が見てる。自分の姿を鏡で見せられながら、身体のいろんな部分をまさぐられているような妄想をしていました。

そこから先は何回イッたのか覚えてないくらいでした。2回連続でイッちゃったのもありました。時間が来るころにはヘトヘトになっていて、終わってからもしばらく動けませんでした。

この報告を書きながら、まだ足がガクガクしています。自分のHな姿を見ながらオナニーするのがこんなに興奮するなんて、絶対またやっちゃうと思います。

【他の体験談を読む】

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【あきな】休日に大学でローターオナニーしました

戦乱プリンセスG

あきなです。

土曜日にレポート提出のため大学に行ってきました。休みの日といってもサークルの人たちや研究室に入っている先輩たちがいるので、普段より人が少ない程度です。でも、チャンスかなぁと思って一応ローターをカバンに入れて行きました。

講義棟や研究室棟など、建物がたくさんあってどこかでできないかなぁなんて考えながら歩いていました。考えていたせいか、ちょっとムラムラっとしてきちゃって、研究室棟のトイレに向かいました。

トイレに入って、上着を脱いでシャツのボタンとブラをはずして胸を出しました。他に誰もいないことをよく確認して、トイレの個室から出て姿見の前まで行きました。学校のトイレでおっぱい露出して、その姿を自分で鏡で見て、かなり興奮しちゃいました。

そのまま触ろうかと思ったんですが、廊下を歩く人の足音が聞こえて、いそいで個室に戻りました。幸い、トイレには入ってこなかったので、鞄からローターを取り出して乳首、クリ、あそこと順番にあてていきました。

すぐにびしょびしょになっちゃって、イキそうになったので一旦ローターを止めました。快感が背中の辺りに残ってるみたいな感じですごくもどかしかったんですが、ショーツの中にローターを入れ、クリにあたるように調整してデニムのパンツを履きなおしました。

もう一度、個室から出て鏡の前に立ちました。ローターを入れてることがバレないか、自分の姿を確認してトイレから出ました。外に出て、近くに誰もいないところまで行ってローターのスイッチをONにしました。最弱ではありますが、さっきイキそうだったのでスイッチを入れた瞬間に足がガクガクして倒れそうになっちゃいました。
ゆっくり深呼吸して、体勢を整えて、そのまま散歩しました。なるべく人が来ないところを通ったんですが、それでも何人か(全部男性)とすれ違っちゃって、今自分がローターをクリにあてながら散歩している変態ってバレたら…という妄想をしながらすれ違いました。

10分くらいは散歩できたんですが、「んっんっ」という声が我慢できなくなっていって、講義棟横の非常階段の陰に隠れてイッちゃいました。今考えると潮吹きとかおもらししなくて良かったです。帰れなくなっちゃいますから。

休みの日で、どういうルートなら人に見つからずに散歩できるのか考えるのが癖になっちゃいそうです。

【他の体験談を読む】

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ベランダで下半身裸でオナニーしました その2

戦乱プリンセスG

その1を読む

十分に濡れてきたので、パーカーのポケットからバイブを取り出しました。そのとき、近くの暗い道を人が歩いているのが見えて、ひょっとしたら見られてるんじゃないかな、と想像しながらそれでも我慢できずにバイブをあそこにあてました。見られてるのに、こんなHな格好でバイブをあそこにあてているって意識するとますます興奮してきちゃいました。今考えると完全にHなスイッチが入っちゃっていたんだと思います。

あそこに沿って、バイブを行き来させました。バイブが液でヌルヌルになって、クリにあたったりあそこの入り口を刺激したりして、感じちゃって小さく声が出ました。歩いている人はどんどんこっちに近づいてきて、私は顔を伏せました。

その人はうちの家の近くで曲がって行って見えなくなったんですが、ドキドキが止まらなくて頭がH一色になっちゃいました。バイブだと、指で触るよりも誰かに触られている感じが強くて、よけい妄想が膨らんじゃうというか、何も考えられなくなるくらい感じちゃうんです。

バイブのスイッチを入れてウィンウィン唸るバイブをアソコに入れていきました。足を開いて、上半身を柵に乗せるような体制であそこにバイブを入れちゃっている姿をもし誰かに見られたら、そう思いながら奥までバイブを入れていきました。

ズブズブっとバイブが中で気持ちいところを刺激するたびに「んっんっ」と声が出ちゃってヤバかったです。そのままバイブを持っているだけでどんどん快感が強くなっていって、出し入れをするように動かし始めてすぐにイッちゃいました。イクときはひときわ大きな「んんっ」という声が出ちゃって、もし家の前に人がいたら完全にイク声を聴かれてたと思います。

一度では我慢できなくなっていて、その場にしゃがみ込んでパーカーの前のファスナーをおろして、胸を出しちゃいました。ほぼ裸です。片手で胸をいじって、片手でバイブを持ちながらほとんど全裸の状態でベランダでオナニーしちゃってることを考えながらイキました。

バイブで何度も刺激したので、2回目イッちゃうときにはまた潮を吹いちゃって、ベランダにバシャバシャと水音がひびいてまた恥ずかしくなっちゃいました。

もし私がこんなことしてるのが近くに住んでいる人にバレちゃっていたら、私は見られてないと思ってるだけで実は見られていたら、そう考えるとあそこがムズムズしてくるようになっちゃっていて、すぐ手が伸びていっちゃうのが最近の悩みです。

【他の体験談を読む】

ケンカした妹となんだかんだでそのあと滅茶苦茶セックスした ダウンロード販売

【あきな】ベランダで下半身裸でオナニーしました その1

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

あきなです。

ちなつさんの報告でバイブを使ったオナニーをされていて、ずっと「いいなぁ」と思っていたので思い切って買っちゃいました。何度かそれを使ってオナニーしちゃったんですけど、すごく気持ちよくてすぐにイッちゃうぐらい感じています。

バイブオナニーはいつも家の中でしていたんですが、この前ついにベランダで使っちゃいましたので報告します。

夜、暗くなってから下着をつけずにパーカーを羽織ってベランダに出ました。下はなにも履いておらず、完全に裸です。ベランダの柵で外からは見えないと思いますが、下半身裸であそこを露出しながら外を歩いているようで、ベランダに出た瞬間から心臓がバクバクしているのが分かりました。なるべく見えないように前を引っ張りながら外に出たんですが、そのせいでお尻の方が完全にパーカーのすそから出ちゃっていて、むしろHな格好だったんじゃないかなと思います。

ぐるっとあたりを見回しました。歩いている人はいませんでしたが、とおくを走っている車のライトがやけに明るく感じられました。ベランダの柵に片手をついて、もう片方の手をクリに持っていきました。指でぐるぐるとまわすように、クリをいじりました。目を閉じて、下半身裸にされて誰かに触られている。そんな妄想をしながら触っているとじわじわっとした気持ちよさがあそこのほうに伝わってきてお腹の下あたりがきゅぅっと締め付けられるようでした。

あそこに指をあてると中から液がじわっと出てきて、すぐに指がびしゃびしゃに濡れてしまいました。さわっているうちに息がだんだんと荒くなっていって、ベランダであそこを露出させながら感じている変態なんだっていう自覚でどんどん興奮してきているのが分かりました。我慢しなかったらあたり一帯に聞こえちゃうくらい喘いじゃっていたかもしれません。

その2を読む

ヴァージンツィート ダウンロード販売