【マミ】おもらしにハマったきっかけについて

ヤれる子!電車エッチ ダウンロード版

こんばんは、マミです。

前回の報告に対するコメントで、なぜ私がおもらしにハマったのかを書くように指示がありました。過去の話になりますが、ご報告します。

最初は、オナニーをするために妄想の材料を探していたときでした。中学生のころです。意識的にオナニーをするようになったのがその歳くらいで、インターネットでHな体験談なんかを読んで、自分を重ね合わせながらオナニーをしていました。

そんな中で、調教を受けている女性の体験談がありました。オナニーを見られたり、イクのを禁止されるようなオナニー管理だったり、メールや電話での露出指示、ときにはリアルでの羞恥調教といった赤裸々な体験が書いてありました。

その中で、街中や人の多い場所でのおもらし調教というものがあり、もしこれが自分だったら…学校で、授業中や登下校中に皆の見ている前でおもらしをしちゃったら…そう考えるとすごく興奮しちゃって、それまでに無いくらいイッちゃったのを覚えています。

それからしばらく、同じおもらし妄想をするようになりました。部活動中、学校の教室で、渡り廊下で、いろいろなシチュエーションを考えながら、自分がオモラシをしている姿を想像してオナニーを繰り返しました。

お風呂場でパンツを履いたままおしっこをしてみたり、わざとおしっこを我慢して生活することもありました。中学3年生の時には、学校帰りに家のすごく近くでおもらしをしてみたこともあります。

高校に入って、一時期おもらしから離れたこともあったんですが、付き合っていた彼氏にオナニーを見せてほしいと言われ、嫌がりながらも見せたことがあるんです。ほんとはそういう願望があったので本気で嫌がっていたわけではないんですが…見られているのを意識するとものすごく興奮しちゃって…そのとき初めて潮を吹いちゃったんです。

勢いよく出たというよりはチョロチョロ…と本当におもらしみたいになっちゃって、恥ずかしくて死にそうになりました。運よく?彼も興奮してくれたんですが、その恥ずかしさでまたおもらしに対する興味がすごく湧いてきちゃいました。

高校を卒業して、オムツでのおもらしにハマるようになりました。多量でなければ外で漏らしてもバレないという安心感で、しばらくやっていました。

ただ、やっぱりパンツを超えていくおしっこの感覚や、周りの人にバレるかもしれないという恥ずかしさ・背徳感が忘れられず、普通の?おもらしに戻ってきました。

そんな中、このサイトを見つけて報告・課題を実行するようになりました。こんなHな私ですが、また色々な指示を出していただきたいです。よろしくお願いいたします。

【他の体験談を読む】

ヴァージンツィート ダウンロード販売

【マミ】いただいたおもらし課題を実行しました その2

AV女優イベント(あやみ旬果)

その1を読む
パンツがぐしょぐしょになっている感覚と、おしっこが染みてちょっと重い感じがするスカートのまま、歩いてベンチへ向かいました。誰もいないことを確認して、スカートをたくし上げて座りました。デニム生地なので、普通のスカートより固く、完全にお尻が出ている状態でした。薄暗いとはいえ、近くを通ったら普通にバレちゃうくらいの距離です。誰も通りませんように、誰にも見られませんようにと思いながら木のベンチにシミができるようにパンツを押しつけました。ヒヤッとした感覚がお尻に伝わりました。

そのまま、課題の通りクリを触ってみました。ちょっと腰を浮かし、あそこを突き出した格好です。今人に見られたら完全に変態だって思われちゃうような。ぐっしょりとしたパンツ越しに、クリがぷくっとなっているのが分かりました。触ってみると、あそこが締め付けられるような感じがしました。

そうしていると、遠くから自転車が来るのが見えて、慌てて立ち上がりました。そのままうつむいて、通り過ぎるのを待ちました。お尻の方はぐっしょりシミができているみたいで、前を向くしかありませんでした。こっちを見られてないだろうか、おしっこの水たまりに気付かれてないだろうかとドキドキしながらしばらくそのままにしていました。

自転車が通り過ぎて、急いでトイレに向かいました。歩く度に、ぐしょぐしょのパンツの感触が伝わってきて、そんな状況なのに興奮している自分がいました。後ろから近づいてくる人がいたら、恥ずかしい染みを見られちゃう、誰も着ませんようにと思いながら、でも怖くて後ろが振り向けなくて、早足でトイレに入りました。

個室に入ってすぐにスカートを脱いで、オナニーしました。すぐにあそこがびしょびしょになって、入れている指が締め付けられました。途中何度かイキそうになったんですが、おもらししながらイクという課題だったので、何度も寸止めしました。ピチャピチャとあそこから音が響いて、どんどんHな気分になっていきました。だんだんとおしっこが出そうな感じになってきて、最後イクときには潮吹きみたいになりました。個室の床がビシャビシャになってしまいました。

そのままパンツを脱いで、下は履き替えてノーパンで帰りました。帰りに自分のおしっこの水たまりの横を通るとき、どうしてもそっちに目がいっちゃって、何人か近くを歩いている人もいて、さらに恥ずかしくなりました。

今この報告を書きながら、思い出してまたオナニーをしちゃっています。すごい思い出をありがとうございました。

【他の体験談を読む】



【マミ】いただいたおもらし課題を実行しました その1

AV女優イベント(あやみ旬果)

マミです。今日は前回の投稿で、まりさんからいただいたコメントの課題を実行してきました。

【課題】
ミニスカートをはいて公園でおもらし
そのままベンチに腰かけてパンツの上からクリを触る
トイレにいってオナニーをしながらおもらしをする

今日はお休みだったので、暗くなるまで家で待って公園に向かいました。

格好は写真みたいなデニムのミニスカートです。家ではトイレに行かず、水分をたくさんとっていたので、公園に着く時にはもうおしっこをしたい気持ちになっていました。我慢はできるけど、立ち止まっているともじもじしてきちゃうくらいの感じで、なんどか信号につかまっちゃったのでそのたびに足をバタバタさせていました。

公園で、また散歩をしながらベンチを探しました。いくつかベンチを見つけたんですが、街灯があって結構明るくていくつか見過ごしました。まばらですが人通りもありました。もじもじしながら歩いているのに気付かれないように、人が近くを通る時はなるべく普通の感じで歩いたんですが、もう結構限界まで来ていました。もし人が横を通っているときにほんとうに我慢できなくなっちゃったら、こんな恰好でおもらしをしているのを見られちゃう、そう思うと早足になったり、刺激で漏れそうになってまたもじもじしたりしながら歩きました。

薄暗いところのベンチを見つけたので、このあたりかなと思ったんですが、ちょうど何人かが後ろから近付いてきていて、その場で立ち止まっておしっこを我慢しながら待ちました。力を緩めるとすぐにもれちゃいそうなくらい限界が来ていて、早く通り過ぎてほしいと思いながら待ちました。

人通りが少なくなったので、チャンスだと思い、お腹に入れていた力をゆっくり抜きました。じわじわっと暖かい感じがパンツの中に広がっていきました。だんだんと、少しずつおしっこの勢いが強くなっていきました。足を伝わっていくおしっこのちょっとくすぐったい感覚と、そのまま落ちていくバシャバシャという恥ずかしい音を聞きながら、きょろきょろと周りを見渡しました。足元に水たまりができていって、なかなか止まってくれないおしっこがそれにぶつかって跳ねて…ちょろちょろとおしっこが止まるまで、誰も通り過ぎなかったのが幸いでした。水たまりを見ると恥ずかしくてドキドキして、すごく興奮しました。

その2を読む


【マミ】会社帰りにおもらし課題を実行しました その2

AV女優イベント(あやみ旬果)

その1を読む

公園で、立ったままあそこを出しておしっこをしていると思うと、心臓がバクバクして恥ずかしくて…でも、興奮してしまいました。今近くを人が通ったら、誰かにこっそり見られていたら、もし声をかけられたら、そんなことを考えながらおしっこをしていると、同時にアソコがキュッとなるような感覚でした。

だんだんとおしっこの勢いが弱くなっていって、やがて止まりました。ちょろちょろとこぼれながら、足を伝っていくのをティッシュで拭きとって、ようやくスカートを下ろせました。我慢しているときも合わせると1分くらいあそこを出していたんだと思います。

ゆっくりと、周りを確認しながら歩道に戻りました。まだ心臓がバクバクいっていましたが、オナニーをするためにトイレに向かいました。トイレに向かっている途中で2人くらいの人とすれ違いました。もうちょっとおしっこをするのが遅かったら…ばれていたんじゃないかなと思いました。

トイレに入って、誰もいないことを確認しました。個室に入ってあそこを確認するとやっぱり濡れていました。ノーパンで公園を歩いて、バレたらどうしようみたいな妄想をするだけで濡れるようになっちゃいました。

そのままクリをいじって、イキそうになったところで指を止めました。あと5回も耐えれるかな、と思いながらちょっと気分が落ち着くのを待ちました。今度はあそこに指を入れて、ゆっくりと出し入れしました。もう片方の手でクリをいじっていると溢れるくらい濡れてきて、どんどん指が奥の方に入っていきました。またイキそうになったので指を止めました。指を抜かないまま、イキそうなのが鎮まるのを待ちました。イキたい気持ちがどんどん強くなっていって、速く動かしたいと思うようになりました。

今度はさっきよりも早く指を動かしました。中で指を折り曲げて、こするようにしました。「んっ」という声が我慢できなくなったとき、人が入ってくる音がしました。こんなときに人が入って来るなんて、と思いながら指を止めました。動かすのを止めているのに、恥ずかしさからかあそこからどんどん愛液があふれてきて、隣の個室に人が入っているのにまた指を動かしちゃいました。

声が出そうなのを必死で我慢しながらオナニーをしているとお腹のあたりがすごく上下して、口から息をするとどんどん声が出そうになって荒い息をしていました。ちょっとして隣の個室から人が出ていったときにまたイキそうになって止めました。もう我慢できない、そう思って課題通り扉をあけました。個室から顔を出して人が来なさそうなのを確認し、思いっきりあそこの中をかき回しました。ずっと我慢していたので一瞬でイッちゃいました。

そのままちょっとの間ぐでっとなっちゃってて、人が入ってきたらマズかったんじゃないかな、と思います。

トイレから出るときに鏡を見ました。紺のシャツだったんですが、明るいところだと乳首が浮き上がってるのがすごくわかって、こんな恰好で歩き回ってたんだと思うとまた恥ずかしくて、家に帰った時にはまた濡れちゃっていました。


【マミ】会社帰りにおもらし課題を実行しました その1

AV女優イベント(あやみ旬果)

マミです。

前回の報告のときに頂いた課題を実行しました。

【課題】
会社帰りにノーパンノーブラでおもらし
外のトイレでオナニーして、イクのを5回寸止め
イクときは扉を開けてからイクこと

特に最後の課題のハードルが高くて、やると決めたその日は朝からドキドキしっぱなしでした。

ノーブラがバレないように紺のシャツを着ていきました。仕事が終わり、暗くなるまで時間を潰しました。カフェのトイレで下着を脱ぎました。カフェから出るとき、店内が明るかったのでなるべく早足で出ました。

お昼からトイレに行っておらず、限界というほどではないですが、トイレに行きたいなぁくらいの状態で、前回と同じ公園へ向かいました。

公園には街灯が点在していて、薄暗い感じの印象です。シャツの上からノーブラなのは多分バレてないと思います。思いたいです。

前回と同じようにぶらぶら散歩しているふりをしながら歩いていたんですが、ベンチに人がいることが多く、なかなか人のいない場所が探せませんでした。

だんだんとおしっこをしたくなり、気が緩むと漏れちゃいそうなくらいになりました。でも、歩いている人もいるのでなかなか場所がありません。

追い抜いてもらおうと立ち止まったんですが、逆に尿意がすごく強くなって、ぎこちなく歩き始めて、を何度か繰り返しました。

公園を半周くらいしたところであまり人気がなくなったんですが、少し遠くに人がいるのが見えて、ここで漏らしたら見えちゃうのかなと思うと、なかなか勇気が出ませんでした。

仕方なく、歩道の横の植樹の後ろ側に回りました。公園の中の、遠くにいる人からは見えないんですが、横がフェンスで公園の外からは丸見えです。車通りはあまりないですが、通るときは人も自転車も通る道です。

しばらく人がこなそうなことを確認して、おしっこをするためにその場にしゃがみましたが、課題は「おもらし」なのを思い出して、立ったまましようと決めました。

スカートにかからないように、ゆっくりとたくし上げました。パンツを履いていないので、あそこが丸見えです。人が来ませんようにと思いながら力を緩めました。

でも、こんなところであそこを見せる格好をしているせいか、緊張でなかなか出てくれません。早くしないと、人が来ちゃったらと思うと焦りと不安でますますドキドキしました。

ちょろちょろとおしっこが出てきました。我慢していたのもあり、段々と勢いが強くなりました。下が土だったので、大きくはないですがばしゃばしゃという音がしていました。

その2を読む


【マミ】公園でオシガマ+おもらし+オナニーを実行しました。

AV女優イベント(あやみ旬果)

こんばんは、マミです。

先日このサイトでいただいた露出指示を実行しましたので報告いたします。

【露出指示】
会社帰りからちょっと大きい公園までずっとオシガマ。
そして、人が来そうで来なさそうな場所でお漏らしをしなさい。
パンツはその場に捨てて、トイレに入り、扉は閉めずにオナニーしなさい。

会社に履いて行く靴は汚せないので、汚れていもいい靴をもう1足もっていきました。

会社帰りにある公園は大きめの池が中央にあり、周りはランニング+ウォーキングコースになっています。会社が終わり、家に帰る途中でカフェに寄って、暗くなるまで時間をつぶしました。カフェでこのサイトを読み返し、指示を頭の中で想像していました。

暗くなって、公園へ移動しました。入口周辺は街灯がおおく、外の人どおりや家も多いのでこの辺りではできないなぁ、なんて思いながら歩きました。お昼頃からトイレに行っておらず、カフェでもたくさん水分をとったので、もういつでもおしっこができる状態でした。

池の周りをぐるりと回って、入り口と反対側の方に向かいました。途中、自転車や徒歩の人とすれ違いました。私が今からすることがバレたらどんな目で見られるかと思うと…

ドキドキしてくると、急に尿意が強くなって、下半身に力を入れないと漏れてしまいそうなくらいになりました。数分に一回は誰かとすれ違っていたので、我慢しながら歩きました。

だんだんと早く歩けなくなってきて、立ち止まることが増えました。力を抜くとすぐにでも漏れてきてしまいそう、もう漏らしてしまおうか、と思ったら誰かが通り過ぎる、そんなことが何回も続き、本当に限界に近づいて行きました。

かなり歩いたと思いますが、ちょっと先にトイレがありました。漏らすならこのあたりかな、と思って立ち止まりました。足元に水たまりができたりしてバレないように、排水溝の金具の上に立ちました。

本当に限界を迎えていたのですぐにでもおもらししたかったのですが、周りを伺いながら、人が来ないかどうか考えると、なかなか出てくれませんでした。緊張でうまく力が抜けなかったです。

そのとき、私が気を配っていた公園内と逆側の、フェンスの外から若い人の大きな声が聞こえました。数人で騒ぎながら歩いているみたいでした。私は急な大声にびっくりして、ちょろちょろとおしっこがでてきました。

最初は少しずつ、太もも、ひざ、足元を濡らしていきました。そのうち勢いがついてきて、足を伝わずにそのまま下に落ちるようになりました。すると、排水溝の中の水にバシャバシャとぶつかり、大きな音をたてました。バレないようにと思って排水溝の上にたったのが裏目に出ました。

おしっこが止まってほしい、と思いましたが、ずっと我慢していたのでそうもいかず、音が出ないように動くこともできず、そのまま大きな音を立てながらおもらしをしました。

外にいる若い人たちはまだ近くにいます。この音に気付いてこっちを見られたら、誰かが近づいてきたらと思うと…

ようやくおしっこが止まった時には、下半身はびしょびしょ、着替えで持ってきていたスカートの後側もかなり濡れていました。誰にもバレなかったかな、と思いながらトイレに急ぎました。

トイレに行く直前、ちょっと年をとった男性とすれ違いました。私はできる限り早足で、うつむきながら歩きました。もし振り返られたら、私のスカートがびっしょり濡れていることを気付かれてしまう、そう思うとドキドキして、興奮しました。

そのままトイレに入り、指示通りドアをあけたままオナニーをしました。誰も来ませんように、と思いながらアソコを触り、5分もしないうちにイッてしまったと思います。

下半身をよく拭いて、仕事着に着替え、ノーパンで帰りました。家に帰って報告を書きながら、「パンツをその場に捨てて」という指示を実行するのを忘れていたことに気付きました。ちなみにパンツはトイレで洗って、袋に入れて、途中のコンビニで捨ててしまいました。

すべてを実行できなくて申し訳ありません。でも、誰かの指示でおもらしをするのがこんなにも興奮するなんて、思いませんでした。バレない程度にまたやってみたいと思います。



【マミ】はじめまして、おもらし好きのマミです。




はじめまして、マミです。

このサイトを見て、他の方の羞恥報告を読んで私も告白をしたいと思いました。友人や周りの人には隠していますが、私はおもらしが大好きです。会社や外でのおもらし、家のなかでのおもらし、何かをしながらのおもらしの願望があるんです。

前はオムツを履いておもらしをするようにしていましたが、ショーツを超えて足元に落ちていく普通の?おもらしにハマってしまい、最近オムツでのおもらしを卒業しました。

他の方にあるように、私にも宿題をだしていただいてよろしいでしょうか?よろしくお願いします。